キャッシングやカードローンの借入をATMで行うメリット・デメリット

キャッシングやカードローンの借入をATMで行うメリット・デメリット

ATMでの借入の特徴

キャッシングやカードローンの借入をする場合には、あらかじめいくつかの方法が用意されており、ユーザー自身が都合のよいものを選択できるようになっているのが普通です。ATMでの借入には銀行振込などの別の手段とはまた違った特徴があります。まずはキャッシングやローンのための専用カードか、銀行のキャッシュカードと兼用タイプになったカードを所持していて、カードそのものと暗証番号などの組み合わせをもって本人確認するしくみになっていることが挙げられます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

またATMで借入をするとはいっても、キャッシュカードまたはカードローンの借入先の銀行や消費者金融などの独自の店舗内にある機械を利用する場合もあれば、他の銀行やコンビニエンスストアに設置されている機械などの別のものを利用する場合もあります。最近ではスマートフォンアプリなどを利用してカードの代わりに本人確認の手段として使われることもあり、その意味では方法も年を追うごとに進化しています。

借入をATMで行うメリット

キャッシングやカードローンの借入をATMで行う場合には、さまざまなメリットを得ることができます。まずは営業時間ですが、同じくお金を借りる場合でも銀行の窓口などは平日の日中しか開いていませんが、ATMの場合は夕方から夜間にかけても営業していることがほとんどです。また無人の機械のため土曜日や日曜日も営業していますので、いつでもお金を借りたいときに利用できるメリットがあります。ATMの設置場所に関しても、特に消費者金融系の場合は提携している範囲が幅広く、全国の都市銀行や地方銀行、コンビニエンスストアなどのさまざまな店舗内に設置されているATMが利用できます。

そのため出張先や旅行先なとで急にお金が必要になった場合であっても、手元にカードさえあれば近くのATMを見つけて気軽にキャッシングやカードローンの借入ができるところもメリットといえます。ATMを使ったキャッシングやカードローンでは、毎月の基準日現在での残高をもとに翌月の返済金額が決まることがほとんどのため、使った分だけ支払うという合理性が保てるところも特徴です。

借入をATMで行うデメリット

キャッシングやカードローンの借入をATMで行う場合には、メリットだけではなくデメリットの側面もあることは確かです。たとえば申し込みをして最初の借入をするときには、手元にカードがなければATMを利用することもできません。消費者金融の無人契約機を経由して申し込みをした場合はその場でカードが発行されますが、多くの銀行系カードローンでは、正式な契約をしてもカードが書留郵便で自宅に届くのにはある程度の日数がかかります。そのため申し込みをした当日中にお金が必要だという場合には、この方法が逆にデメリットになってしまうことがあります。

またATMでの借入にはカードが手元にあることが必要となるため、何かのはずみで自宅に置き忘れてきてしまったときには、旅先などで便利に使うといったことができなくなります。紛失した場合には銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどと同じく、他人に勝手に使われてしまうことがあり得る点もデメリットです。

ATMでの借入方法

ATMでキャッシングやカードローンの借入を行う方法は、銀行のキャッシュカードを利用して預金を引き出す方法とほとんど変わりはありません。専用のカードの場合には、ATMにカードを挿入すると、自動的にカードの種類を読み取って、借入または返済のどちらかを選択するようにモニターに表示されます。その場で借入のボタンを押すとともに、暗証番号を入力して必要な金額を指示すれば、あとはATMからその金額の現金が出てくる仕組みになっています。

銀行キャッシュカードとカードローン用のカードが兼用になっているケースでは、ATMに挿入するときのカードの向きによって、預金からの引き出しとカードローンによる借入を分ける仕様になっていることがあります。また利用するATMによっては操作方法や営業時間が若干異なる場合もあり、たとえばモニターには借入ではなく出金と表示されていたり、土曜日や日曜日の営業時間が平日よりも短縮されていたりすることがあります。

まとめ

キャッシングやカードローンの借入方法はユーザー自身が選ぶことができるのが普通で、そのなかでもATMを使う方法は、専用または兼用のカードを用意して、申し込みをした銀行や消費者金融の自店舗または提携金融機関やコンビニエンスストアで行うのが特徴です。このようなATMを使う方法では、カードがあれば夜間や土日でも借入ができ、しかも全国に機械が設置されているので場所を選ばないというところが大きなメリットです。

いっぽうでデメリットも存在しており、初回の借入ではカードが自宅に届くのに時間がかかるためスピーディーな借入ができないことや、その後もカードを置き忘れるなどすればATMの操作ができないことなどが挙げられます。ATMによる借入の方法はキャッシュカードでの銀行口座からの出金とそれほど変わらず、ATMにカードを挿入して借入のボタンや暗証番号を押し、金額を入力するだけの簡単なものです。ただし提携機関によって若干の操作方法の差が生じることがあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金