キャッシングやカードローンの返済をネットバンキングで行うメリット・デメリット

キャッシングやカードローンの返済をネットバンキングで行うメリット・デメリット

ネットバンキングでの返済の特徴

キャッシングやカードローンの返済をネットバンキングで行うときの特徴に、ATMなどに行かずにパソコンなどから簡単に手続きできることが挙げられます。近年はインターネットだけで申し込みが完結する金融機関も多いので、返済もネットバンキングから行えると便利です。仕事で忙しくで時間に余裕が取れないような人に適している返済方法です。また、借入もネットバンキングで行うのであれば、ATMを使用しないのでカードの発行を行わずに契約できるものもあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

自宅への郵送物をなくしたい人にも適しており、カードを紛失してしまう危険性もありません。ただし、自分で手続きを行わなければ支払われないことには注意しましょう。特徴を理解していないと忘れてしまったり、払ったつもりでも回数に数えられずに遅延を起こしてしまう可能性もある方法であり、メリットとデメリットの両面があります。自分に合っている方法であるのか考えてから利用する必要があります。

返済をネットバンキングで行うメリット

ATMは設置場所によっては営業時間があるので、土日祝日や夜間などに利用できない場合があります。しかし、ネットバンキングであればメンテナンス時間を除いていつでも手続きを行えるの便利です。パソコンやスマートフォンから操作できるので、仕事の休憩中など、少しの空き時間でも利用できます。条件を満たしていれば振込手数料が無料になる場合もあるので、無駄な出費を減らせることはお金に困って借入をしている人には大きなメリットです。

また、金額を指定できるので、定期的な返済だけでなく繰り上げて支払いたい場合にも利用できます。これは対応していない金融機関もあるので、使いたい場合には契約する前に確認しておきましょう。引き落とし日の決まっている口座振替と比べると、自分の好きなときに返済を行えるので、銀行口座にお金があると使ってしまう不安がある人も、先に支払いを済ませておけば期日にお金が足りなくなって遅延を起こしてしまうことがなくなります。

返済をネットバンキングで行うデメリット

ネットバンキングによる返済は金融機関に利用できる口座が制限されているため、どの銀行でも使えるわけではありません。定期的な支払いと繰り上げの両方に対応しているものや、いずれか一方しかできないものもあるので契約する前に確認が必要です。いつでも手続きできると思って返済を忘れてしまうこともあるので、期日は把握しておきましょう。

また、手続きは土日祝日に関係なく24時間行えても、実際に振込が行われるのは翌営業日になる場合もあるので、期日になってから行うと遅延になってしまう危険性があるため、早めに済ませておいた方が良いです。手続きを行う際に、金額は間違えがないが十分に確認してから行わないと遅延を起こすことがあります。基本的にそれぞれの支払いは独立したものとして扱われ、合算されません。分割して支払おうとしたり、金額を勘違いする、入力を間違えるなどして、毎月必要になる最低額を超える金額の支払いが1回もないと、総額で超えていても遅延になるので注意します。

ネットバンキングでの返済方法

ネットバンキングでの返済方法は詳細は利用する金融機関で異なっているので確認が必要ですが、基本的には一般的な振込を行う場合と同じような手続きになると考えれば良いです。キャッシングやカードローンの返済用の口座番号を確認しておき、その口座を指定して金額を入力し、間違えがないことを確認してから確定させます。先にキャッシングやカードローンのマイページにログインして金額の指定が必要な場合もあります。

ただし、当然ながら最初にネットバンキングへの登録をしておかないと利用できません。インターネット専業銀行であれば契約するだけで使える状態になっていますが、一般的な銀行はそのままでは使えない場合があります。公式サイトから手続きできるものや、店舗まで行かなければならないなど、手間がかかる場合もあります。銀行口座から振込を行うので、残高が不足している場合も利用できません。不足しているときは先に口座に入金を済ませておきましょう。

まとめ

ネットバンキングを利用したキャッシングやカードローンの返済はいつでも手続きできるので便利ですが、遅延を起こす要因になるデメリットもある方法です。不安がある人は繰り上げを行うときにだけ利用して、毎月の支払いは口座振替にするなど、使い分けを考えると良いでしょう。うっかり忘れてしまう問題は、期日が近くなるとメールで知らせるサービスも行っている金融機関があるので、これを利用すれば対策になります。払ったつもりで回数に数えられないことを防ぐため、手続きをする前に振込が必要な最低額がいくらなのか確認しておき、その金額を1回の手続きで行うようにします。

いつでも手続きは行えますが、それが実際に振込されるタイミングと同じとは限りません。ギリギリでは間に合わないこともあるので、お金が用意できたときに支払っておくのが遅延を起こさないようにするために重要です。また、そもそも金融機関が対応していなかったり、開設済みの口座が対象になっていない場合もあるため、契約前に利用できるのか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金