主婦がキャッシングやカードローンでお金を借りるには

主婦がキャッシングやカードローンでお金を借りるには

主婦がキャッシング・カードローンを利用するための条件

主婦とひとことに言っても、働きに出ている場合と専業の場合とに大別されます。キャッシングやカードローンは収入が審査に大きく関わってきますので、基本的には本人に収入があることが条件です。消費者金融には総量規制という年収を基準に適用される規定があるため、無収入の専業主婦の方は審査の条件を満たすことができません。ただ、一部の中小の消費者金融に限っては配偶者の同意や婚姻関係を証明する書類の条件を満たすことができれば利用できる例外も存在します。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

しかし、大手ではほとんど対応されていないため、銀行カードローンを利用するのが一般的です。この場合は利用条件に配偶者に安定した収入があることが条件となります。パートやアルバイトで収入のある主婦の方は、消費者金融でも年収に応じた借入が可能です。例えば年収が90万円の主婦の方は30万円までというように年収の3分の1までが限度額となります。また、消費者金融でも銀行カードローンでも年齢は20歳以上が条件となります。

主婦がキャッシング・カードローンで借りられるのはいくらまで?

パートやアルバイトで収入のある主婦の方が消費者金融からキャッシングやカードローンを行った場合は、総量規制が適用されます。年収の3分の1までが借入限度額となりますので90万円なら30万円が限度額です。ただし、すでに他社から借入している場合には、限度額も合算されたものとなるため注意しなければいけません。専業主婦の方は一般的に消費者金融での借入はできませんが、配偶者貸付を満たせるのであれば配偶者と合算した年収の3分の1が限度額となります。

銀行カードローンでは、本人の収入だけでは審査に通ることは難しいことがあります。また、審査に通っても借りられる限度額は様々な角度から判断されるため結果次第となります。専業主婦の方で配偶者の収入を頼りに銀行カードローンを申込む場合は、30万円や50万円までといった借入限度額が最初から定められているところもあります。限度額の指定がないものもありますが、基本的にはこの金額を目安としておくと良いでしょう。

専業主婦はキャッシングやカードローンでお金を借りられる?

専業主婦が消費者金融からキャッシングやカードローンでお金を借りることは非常に厳しいと言えます。なぜなら貸金業法により定められた総量規制が存在するからです。総量規制では、消費者金融などの貸金業者から借入を行う場合に年収の3分の1までを限度額と定めています。そのため収入のない専業主婦においては、この条件を満たすことができずお金を借りることが難しいと言えるのです。

ただ、難しいと表現したのは総量規制の例外が存在するからです。配偶者貸付と言って、配偶者の同意を得ること・婚姻関係を証明する書類を提出すること・配偶者の年収証明書類の提出などによって条件を満たせば、配偶者と合算した年収に従って総量規制が適用されるため、借入できる可能性があります。しかし、大手の消費者金融では取り扱っていないことも多く、手続きも複雑になることから一般的な方法ではありません。代替方法として総量規制の適用されない銀行カードローンを利用することが選択肢となります。

主婦の申込みで必要な書類

主婦の方でもキャッシングやカードローンに申込む際に必要な書類は基本的には同じです。運転免許証やパスポートなどの本人確認書類は必須です。一部の金融機関では顔写真のない健康保険証などは認められない場合もあります。また、本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合には、住民票の写しや印鑑証明書が必要です。消費者金融で50万円以上の融資を希望する場合や、他社との借入額の合算が100万円を超える場合には総量規制の関係から収入証明書の提出が求められます。

専業主婦の方が消費者金融を利用する場合は配偶者貸付を利用することになりますので、配偶者の同意書・婚姻関係の証明できるもの・配偶者の年収証明書類などがあります。一方、銀行カードローンでは身分証明書、住民票などの婚姻関係が証明できるものと至ってシンプルです。夫の収入証明書が必要ない理由は「専業主婦として生計を立てている」という事実が、そのまま安定収入があることを証明しているからです。しかし、夫が個人事業主や法人経営者である場合には確定申告書や納税証明書などの書類の提出が必要になります。

まとめ

主婦の方でもキャッシングやカードローンを利用することはできます。働いて安定した収入があれば消費者金融も選択肢のひとつとなりますし、銀行カードローンを利用することも可能です。消費者金融は即日融資も可能ですので、入用でお金が必要な場合などに利用できる主婦の心強い味方になります。

専業主婦の方は手続きが面倒なことや大手消費者金融が配偶者貸付を取り扱っていないことを考えると、銀行カードローンを利用するのが一般的だと言えるでしょう。旦那さんが会社に勤めているのであれば、本人確認書類と婚姻関係を証明する住民票などがあれば借入することができます。銀行側としても専業主婦用のカードローンサービスを用意していますので、問題なくお金を借りることが可能です。また、配偶者への電話確認や同意は不要なサービスもありますので、心配をかけることもなく安心して利用できます。計画的に活用できれば、日々のやり繰りの悩みを解決する糸口にもなるでしょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金