キャッシングやカードローンに関する都市伝説の真相を解明

キャッシングやカードローンに関する都市伝説の真相を解明

使ってないカードローンがあると審査に落ちる?

カードローンの申請を行う際に、使っていないカードローンがあるのであれば、審査に落ちる可能性が高いです。新しくカードローンを作る時に、手元に自分で使っていないカードローンがあるのであれば、それを使用したほうが良いと考えられているからです。そのため、まずは手元にあるカードローンを使用することを心がけましょう。特に注意が必要なのが、利息が低いからと言って別のローンを組もうとしている状況です。複数の消費者金融会社に申し込みをしていたとしても、データベースから照合することができるので、あなたの考えていることは全て筒抜けになっているのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

複数の消費者金融会社を使用するのではなく、申請をする時は事前にひとつの会社を選んで申し込みをすることが望ましいと言えます。あまり複数の消費者金融会社に同時に申し込みを行うと、今後の審査にも影響を及ぼす可能性も高いです。これは多重債務問題を対策するために行っています。

キャッシングやカードローンの複数同時申込みは審査に通りにくい?

キャッシングやカードローンの複数同時申し込みも、審査に非常に通りにくいです。消費者金融会社や銀行では、キャッシングやカードローンを行おうとしている顧客のデータを照合することが出来ます。たとえそれがライバル通しの消費者金融会社であったとしても、多重債務問題を解決するために、お互いの会社の安全を確保するために行っています。照合できるデータには住所や氏名や年齢だけでなく、これまでのローンの申込み履歴などを確認することも出来ます。

審査を行う際には、同時に複数の会社に申し込みをしていないかを確認することができるのです。複数の会社に同時に申し込みを行う顧客は大抵他の会社でも借金を抱えており、お金を貸しても踏み倒される可能性が高いので、消費者金融会社は自分たちのお金を守るために、審査に落とすようにしています。以上のことから審査には全てが筒抜けになっていることが分かります。自分には関係ないと思っていたことも影響することがあるのです。

キャッシングやカードローンの履歴があると住宅ローンの審査に落ちる?

キャッシングやカードローンの履歴がある場合は、住宅ローンの審査にも落ちることがあります。例えば、現在キャッシングを利用している場合は、その返済が済んでいないとき、消費者金融会社がデータの照合を行って審査に落とすようにしています。既に借金があるのであれば、新しく住宅ローンを組むなら事前に手元にある借金を返済することが何よりも重要なのです。借金をしているのに、新たに借金をすることは、不健全であり消費者金融会社もこのような顧客にお金を貸したいとは思わないでしょう。

ただし、既に借金を返済しているのであれば話は別です。事前に返済を済ませており、これまでローンの支払に遅滞がない場合は審査に合格することが多いです。顧客の財務状況が健全であればなおさら審査に通りやすくなるでしょう。よって、住宅ローンの審査に通りたいのであれば、事前に手元にある借金を返済することが重要になります。少額でも必ず返済しておくようにしましょう。

キャッシングやカードローンのせいで就活がダメになる?

キャッシングやカードローンの返済が遅れていた場合は、金融機関のブラックリストに載る可能性もあるので、金融機関に就職する際には不採用になるリスクがあります。例えば消費者金融会社や銀行などは、就職活動を行う学生を採用する前に、事前にデータベースから学生の名前や住所を使用して検索を行います。そこでブラックリストに該当する学生であった場合は、問答無用で不採用になります。金融会社においては自分の資産を自分で管理することが出来ない人間にお金のやり取りを行う仕事を任せることはリスキーであることを認識しているからです。

キャッシングやカードローンを組んでおり、返済期限を過ぎても返済が遅れていた場合は採用されないことが多いのです。この問題を対策するには、学生のうちからカードローンやキャッシングを行わないことです。これらは支払能力がなくても使用することができるので、学生やフリーターの方は特に注意が必要なのです。

まとめ

消費者金融会社や銀行にローンや融資を申し込む場合は、複数の会社に同時に申し込みを行うことはご法度です。そういった事はデータベースから照合を行い、確認する事が容易なので、すぐに分かってしまいます。よって複数の会社に同時に申し込みをするのではなく、インターネットなどを利用することによりどの会社が優れているのか比較と検討を行った上で、申し込みをするように心がけましょう。

すでにある借金を返済することも重要で、少額であったとしても返済していなければ新しくローンを組むことは難しいので、必ず返済した上で新しいローンを申し込むようにしましょう。顧客のローンや経済状況もデータベースから確認することは簡単なので、自分の財務状況が不健全であると思ったら、事前に対策を行っておくことが良いです。とくに多重債務問題は金融会社にとって死活問題であり、借金を踏み倒されたらその時点で損失になってしまいます。損失を防ぐために審査を徹底しているのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金