派遣社員でもキャッシングの審査は通る?

派遣社員でもキャッシングの審査は通る?

派遣社員でもキャッシングでお金を借りられる

キャッシングは、簡単にお金を借りることが可能なため非常に便利とされていますが、担保がないこともまた魅力の一つと言えます。担保とは、住宅や物など預けずにお金を借り入れることができることをいます。これがないために、派遣社員などでも簡単にお金を借りることができそうなイメージがあるはずです。正社員でない場合、本当に融資をしてくれるのかが問題になります。そこで、派遣の場合お金を借用することができるかが問題になりますが、この点に関してはケースバイケースといえるかもしれません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

ただ、最近の流れからすると派遣でも問題なく融資を受けることができています。なぜこのような流れになったかといえば、いろいろな人からお金を借りてもらわないと金利でもうけることができないからです。特に銀行の場合は、国債の金利が減っていますのでキャッシングなどで借用してもらう以外に方法はありません。最近の銀行がローンに対して力を入れているのはそういった理由になります。

派遣社員でキャッシングの審査を通過するには

派遣社員がキャッシングでお金を借用するときには、どのような審査になるかが問題になります。審査は、金融機関によって若干異なりますがたいていのところは20歳以上で65歳までと定めていることが多くなります。そうすると派遣で働いている人ならば該当するでしょう。それに加えて、収入が問題になりますが昔と異なり収入はそこまで高くなくてもキャッシングを利用することができています。

例えば、銀行などの金融機関でも年収120万円程度になっていればローンの利用が可能になるわけです。派遣社員ならば、毎月10万円ずつお金をもらっていればよいことにありますので特に問題ないでしょう。この場合は、手取り金額かどうか問題になりますが手取り金額ではなく税金が差し引かれる前の金額です。それ以外には、過去に返済していない借金がないかなども重要な論点になってきますがたいていの場合は複数の会社から借金をしていない限り問題ないとされています。

派遣社員がキャッシングの審査で気を付けたいポイント

派遣社員でキャッシングをする場合、審査で気をつけたいところの一つは総量規制があることです。総量規制とは、金融機関の中でも消費者金融やカード会社に関係してくる話しです。内容的には、年収の3分の1までならお金を借りることができますがそれ以上になると借用してくれませんのでいくら希望の金額があったとしても制限を超えてしまえば借り入れが不可能になるわけです。一方で、金融機関の中でも銀行の場合は総量規制の適用がありません。

なぜかといえば、総量規制は利息制限法に定められていますので均衡は利息制限法が適用されないためです。では銀行は何が適用されるかといえば、銀行法が適用されますのでその中に総量規制の規定がない以上は適用されないことが理解できるわけです。後は、勤務している会社に在籍確認をすることがあります。ほぼすべての金融機関で在籍確認しますが、このとき金融機関から電話があったとしてもお金を借りることはばれません。その点は安心してよいといえるでしょう。

派遣社員の在籍確認

派遣社員の在籍確認はどのように行うかといえば、金融機関と契約をしている保証会社の方から連絡があります。どこから連絡があるかはそれほど重要ではありませんが、派遣社員の身分ならば、会社にお金を借用することをばれたくないと感じるはずです。日本では、お金を借り入れることに対してネガティブなイメージを持っている人がいるため、変な噂になったらいやだと感じるからでしょう。この点に関しては、いくら電話連絡をしたとしてもばれることはまずありません。

注意点としては、会社が土曜日あるいは日曜日に休みの場合は審査がされません。そもそも、電話連絡をしようがありませんので翌日の月曜日まで持つことになります。つまり、土曜日や日曜日に申し込みを行い即日借り入れをしようと思っても、会社が休みの場合には即日にできません。これを考えれば、お金を融資してもらう場合は平日のうちに行うか、もしたまたま金曜日ならば午前中までに行っておく必要があります。

まとめ

キャッシングを派遣社員が行う場合には、昔のように厳しい制限はありません。一昔前ならば、正社員でないとなかなかキャッシングができませんでした。しかし最近は、一定の収入があって年齢制限などに引っ掛からなければ割と簡単にお金を貸してくれます。とはいえ、借り入れの限度額もありますのでその点を注意しておくべきです。限度額はどれぐらいになるかといえば、その人の収入によって変わるでしょう。総量規制が適用される金融機関の場合は、およそ1/3ほどのお金しか融資してもらえません。

これに対して、銀行の場合は総量規制がありませんのでそれ以上のお金が手に入ります。ただ、いくらでも入るわけではなくどれだけ多くても収入の半分以下になると考えておけば間違いなりません。在籍確認は、どこの金融機関でも行っていますが重要になるのは勤務している会社が休みの時は確認が取れないことです。即日借り入れなどをしたい場合には会社が休みの日以外に審査を申し込みようにするべきです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金