キャッシングやカードローンに関連する金融犯罪に注意

キャッシングやカードローンに関連する金融犯罪に注意

社名詐称詐欺

日本ではキャッシングやカードローンに関する金融犯罪が増えています。そのひとつが社名詐称詐欺です。社名詐称詐欺とは、カード会社の社員などを装い架空の請求を行って現金を振り込ませる詐欺です。カード会社の社名や広告物を模倣した偽のチラシやダイレクトメールが届くこともあります。偽のチラシやダイレクトメールには電話番号が記載され、その番号に電話をかけると手数料や保証料などの名目で現金を振り込むように指示されます。会社の債権回収を代行していると偽ったり、知らない会社名義の口座に振込みを求められるケースもあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

カード会社では保証料や手数料などの名目で現金を振り込むように求めることはないので、どのような理由であっても、絶対にお金を振り込まないように気をつけることが大事です。不審なダイレクトメールやチラシが届いた場合は、すぐにカード会社に電話して報告しておきます。カード会社を装いカード番号や銀行の個人情報、パスワードなどを不正に入手する手口も多発しています。

アルバイト詐欺

アルバイト詐欺も横行しています。アルバイト詐欺とは、カード会社の調査と偽りアルバイトを持ちかけ、カード契約をさせます。カード契約をすると、そのカードで第三者が借入をするというのが詐欺の手口です。第三者が利用する目的でカード契約を行い、そのカードを譲渡したり貸したりすることは規約で禁止されています。アルバイト詐欺によって発生した損害については、カード会社による補填がないです。返済は契約者が行うことになるので、十分に注意することが大事です。

カードに関連する不審なアルバイトを持ちかけられた場合は、カード会社の相談窓口に連絡しておきます。気が付いた段階でカードを利用できないようにすることが大切です。カードが騙し取られた時点で罪が成立しているため、警察への被害届を提出する人もいます。限度額まで引き出されてしまった場合は契約が成立しているので、対処方法については弁護士など法律の専門家に相談した方がいい場合もあります。

個人間融資掲示板では詐欺やヤミ金が横行

日本には数多くのネット掲示板がありますが、個人間融資掲示板では詐欺やヤミ金が横行しています。個人間融資掲示板は、正規の賃貸業者からお金を借りることができない人が借金できる相手を探す場所でもあります。インターネットを介して見知らぬ他人からお金を借りることができ、ブラックでも借金が可能ですが詐欺業者など悪質な業者も多いです。個人間融資では専用の掲示板やSNSを利用して貸し手と借り手が連絡を取り合います。話し合いで合意すれば融資が行われます。

個人を装った悪質なヤミ金業者も多く、被害者も多発しています。個人間融資掲示板で活動しているヤミ金業者は、お金は実際に貸してくれますが利息制限法の上限を超える利息を要求するケースが多いです。ヤミ金業者の中には銀行口座の売買のために融資した相手に新しく銀行口座を作らせ、犯罪に巻き込む業者もいます。銀行口座の売買は違法なので、ヤミ金業者には近づかないことが大切です。

車金融は高金利でヤミ金の可能性もある

自動車を担保にしてお金の借入ができる車金融もリスクが高いです。担保があるために審査が比較的緩く、他の貸金業者からカードローンを借りることができない人が利用しています。担保があっても借入できる金額は少なく、金利はかなり高いです。中には高額の手数料を要求してくる悪徳業者も存在します。預かり融資と乗ったまま融資という2種類の融資があり、乗ったまま融資だと融資後も借主はマイカーを使うことができます。預かり融資の場合は、返済が終わるまで金融業者に車を預けることになります。

車を担保にするため、返済が終了するまでは車の名義が金融業者に移ります。車金融の業者の中には自治体から営業許可を受けている正規の業者もいますが、中にはヤミ金業者もいます。ヤミ金業者は高額な手数料やリース料を要求してくることもあるので、注意が必要になります。どんなにお金が必要であっても、悪質な手口を使うヤミ金業者は徹底的に避けた方が安心です。

まとめ

どうしてもお金を借りたい人は焦ってしまい、ヤミ金業者や詐欺師に騙されるケースが多くなります。銀行やカード会社では金融犯罪に気をつけるように呼びかけていますが、毎年多くの被害者が出ています。被害に遭わないためには不審な電話やメール、チラシなどに気をつけて、振込みの指示があっても無視する姿勢が大切です。

カード会社の社員や銀行員を装った人間が個人情報を聞き出そうとしても、一切に耳を傾ける必要はないです。カード会社の社員や銀行員はカードを預かることも暗証番号を聞き出すこともしないので、不審な人物が近づいてきたら最寄りの警察署かカード会社、銀行に問い合わせることが大切です。

速やかに行動することで、被害を未然に防ぐことが可能になります。失業などで生活費に困っていると精神的に不安定になり、つい高利なヤミ金に手を出してしまう人がいます。日本には公的な融資制度があり、借金で困っている場合は債務整理などもあるので弁護士に相談した方が安心です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金