教育ローンのメリット・デメリット

教育ローンのメリット・デメリット

教育ローンとは

教育ローンとは子供の教育資金に利用できるローンです。教育を受けるには様々な費用がかかります。私立の高校や大学の入学金や学費、予備校・塾の費用などもお金がかかります。またこれらに係わる交通費や家賃などの費用も発生しますので、お金の負担がかかってきます。ですが、まとまったお金が用意できない場合があるかもしれません。そんな時に、お金の問題を解決することができる教育ローンを利用する選択肢もあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

主に教育ローンを提供しているのは、民間の銀行・信販会社・信組・信金・ろうきん・JAなどです。公的な「国の教育ローン」も日本政策金融公庫により提供されています。教育ローンの主な使い道としては、学校納付金(入学金・授業料・施設設備費・寄付金など)や受験費用(受験料・交通費・宿泊費)住居費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)の他、教科書代や教材費、通学費用など教育に関するすべてのことに利用できる場合が一般的です。教育ローンは借主が子供の親や兄弟などの親族となります。お金の借方は一括で振込をしてもらう形となります。

教育ローンのメリット

教育ローンのメリットは、資金使途が自由なフリーローンやカードローンより金利が低い点があります。金利が低いということは、返済時の支払い利息が抑えられるということなので、とても重要です。民間と国の教育ローンがありますが、その中でも低金利なのが、日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」です。「国の教育ローン」は金利が2%となっています。銀行系が3~5%、信販系が5〜10%となっていますので、大きな金利の差があります。

学生本人が借主となる奨学金も、学費など教育ローンとほとんど同じ目的のために利用できますので、じっくり計画をたて上手に組み合わせて利用するのが最善と言えるでしょう。奨学金は教育ローンと比べると劇的に金利が低いので、奨学金をメインで考え、親子で協力して返済する形を計画しましょう。

教育ローンのその他のメリットとしては、入学前に必要な入学金や授業料などの支払いに利用できる点もあります。一般的に奨学金は進学後の支給開始となりますので、入学前の費用に利用することができませんので、この点については教育ローンにメリットがあります。

教育ローンのデメリット

教育ローンのデメリットは、資金使徒が教育資金に限られているので、他の目的に利用できないという点があります。それに対し、カードローンやフリーローンは資金使徒自由となるので、教育資金に利用してもその他のことに利用しても問題ありません。教育資金も含め他の目的でも利用したい場合は、カードローンかフリーローンの利用が最適となります。

また、卒業後から返済が始まる奨学金と違い、教育ローンは借入した翌月から返済が始まります。この点も奨学金などと比べるとデメリットと言えるでしょう。教育ローンの場合、借入をするのが基本的に就学する子供の家族や兄弟となりますが、卒業後から返済開始となる奨学金と比べ、家計や生活費へすぐに影響する負担があります。

教育ローンの利用に向いている方

教育ローンは教育に関わる幅広い目的に利用できるローンです。子供や兄弟の教育資金でお悩みの方には心強いサポートとなります。日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」の場合、幅広い世帯年収の方に対応しているので、年収が低い場合でも借入ができる可能性があります。逆に世帯年収が上限額より多い場合、融資の対象となりません。

銀行など各社が提供している教育ローンにより違いはありますが、幼稚園や私立小学校・私立中学校等の資金に利用できる場合もあるので、就学や進学の際にお金のことで困った場合は、教育ローンを検討してみると良いでしょう。

まとめ

教育ローンは教育に関する様々な目的に利用できるローン商品です。教育資金をしっかりとサポートしてくれます。主に利用するのは親や兄弟など親族となります。教育を受けさせるにはお金も必要となりますので、教育資金に利用できるローンは大変役立ちます。申込みの際の必要書類は、カードローンなどと比べると多くなります。学費などの資金使徒が確認できる書類が必要となります。困ったことがあれば銀行等に相談することも可能なので、気軽に相談してみましょう。

教育ローンを利用を考えているなら、まずは日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」を利用できるかを確認してみましょう。銀行や信販会社などから、多くの教育ローンが提供されていますが、日本政策金融公庫が取り扱う「国の教育ローン」が最も金利が低く設定されています。金利は返済時の支払利息に関わってきます。1%の違いでも返済時の利息が大きく変わってくるので、よく確認して申込みをするようにしましょう。また、資金使徒についても、教育機関によっては対象外となることもありますので、公式サイトやお問い合わせ窓口などで確認をしておきましょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金