学生がキャッシングやカードローンでお金を借りるには

学生がキャッシングやカードローンでお金を借りるには

学生がキャッシング・カードローンを利用するための条件

学生生活を送っていて、アルバイトでお金を稼いでいても、飲み会費用やプレゼント代などが急に必要になる機会もあるのが学生です。親から離れて生活していたり、友達からお金を借りづらいということもあり、そんな時にお金が借りられたら便利ですよね。カードローンは、コマーシャルや広告でよく見かけますが、学生でも条件を満たしていればカードローンのサービスを受けることができます。場合によっては、即日にお金が振り込まれてすぐ使えますし、希望通りの金額が融資されることもあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

カードローンは、18歳から借りることができますが、親権者の同意が必要なことも多く、満20歳以上であるとよりスムーズです。アルバイトをしていて、定期的に収入がある方であると、審査にも通りやすくなります。収入に条件があるわけではないので、定期的に働いているという証拠が出せることが大切です。スポットバイトよりも週に何回かシフトに入っているアルバイトの方が審査に通りやすいでしょう。

学生がキャッシング・カードローンで借りられるのはいくらまで?

学生が借りることができる金額は明確には明記されていないのですが、5万円~10万円が上限の事が多いです。カードローンの融資を決める賃金業法では、総量規制が設けられていて、年収の3分の1が借りることができる目安となります。銀行系のカードローンではその規制は適用されず、厳しめの融資になることが多いです。アルバイトでの安定した収入が見込まれ、返済に遅延が観られない場合は、最大で30万円程度までのキャッシングできるようになります。

はじめのうちは、本人の返済能力を見られることもあり10万円までの融資になりますので、返済計画をしっかりと立てたうえでキャッシングをするようにしましょう。予想外に融資額が多かったという場合でも、本当に必要な金額をキャッシングするように心がけたいものです。アルバイトですと、シフトなどにより思った金額通りの収入が稼げないこともあり余裕を持った返済計画を立てることが必要になります。

学生の申込みで必要な書類

学生でも利用できるカードローンは、消費者金融から銀行系まで様々あります。必要書類として、運転免許証や運転履歴証明書、健康保険証、パスポート、個人番号カードもしくは住民基本台帳カードなどがあげられます。公的書類は必ず写真が入っていて本人確認ができるものであることが必要です。また、現住所と本人確認書類の住所が異なる場合には、住民票や水道などの公共料金の領収書などを提示しなければなりません。

印鑑証明書など普段あまり見慣れない書類の提出が義務づけられているカードローン会社の場合には、スムーズに書類を準備することが早く融資を受けられることになりますので、何を用意するべきか確認しましょう。審査が緩い会社ですと、写真付きの学生証のみでキャッシングできる会社もあります。会社によって提出する書類は異なりますが、全ての会社で本人確認できる書類は必要になりますので、手元に準備しておくと安心して借りることができるでしょう。

申込可能な年齢に注意

借りられる年齢を満20歳以上としているカードローン会社は多いですが、18歳以上でも借りることができる会社があります。高校生や予備校生は借りることができませんが、大学生や専門学校生であり、18歳の条件を満たしていればキャッシングができます。20歳以上ですと、会社も色々あるので自分に合っている会社を選ぶことができます。年齢を偽って申し込むのは厳禁です。個人情報信用機関が各ローン会社は加盟しているので、年齢や個人情報は把握しています。

自分の年齢に合わないカード会社への申込はあきらめ、自分の年齢でも申し込むことができるキャッシングローンにしましょう。20歳未満でもカードローン契約ができるところもあるのですが、法定代理人を立てることができない場合の未成年のカードローン契約は不可となっています。ご両親に保証人になってもらうのが必須となるので、キャッシングをすることは知られてしまうことになります。20歳以上が原則なので覚えておきましょう。

まとめ

大学や専門学校に通う学生であっても、アルバイトなどを定期的にしていて収入があるという方はお金を借りることができることが多いです。コンパや遊ぶお金など学生でも臨時に必要になってくる現金が審査さえ通れば手に入れることができるローンは便利です。収入が社会人ほどない学生なので、キャッシングできる金額は5万円~10万円程度とはなりますが、親や友人に借りることができない事情がある方は使ってみてください。

申込は20歳以上の条件の会社がほとんどですが、一部18歳以上で法定代理人を立てることができれば申込できる会社もあります。契約の際には本人かどうかを確認できる写真付きの公的書類が必要になりますので、手元に準備してください。計画的に返済計画を立て、着実にキャッシングしたお金を返せるようにしましょう。返済できたという状況は、カード利用の履歴とともにのこり、今後の信用情報を決めるうえでも大切なポイントになります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金