契約社員でもキャッシングの審査は通る?

契約社員でもキャッシングの審査は通る?

契約社員でもキャッシングでお金を借りられる

契約社員は、通常の正社員に比べるともらえるお金があまり多くありません。そうすると、人によっては借金をしなければ生活できない場面が出てきます。借金をする場合には、銀行から借りる方法もありますが信頼がないと貸してくれませんので消費者金融や銀行のキャッシングを利用することになるでしょう。これらのものを利用する場合には、果たして契約社員でも契約できるのかが問題になります。このような疑問は、正社員に比べて収入が少ないことから問題になりえるわけです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

結論から言えば、カードローンやキャッシングでお金を借り入れることは十分可能です。そもそも、カードローン自体は、いかに多くの人にお金を貸すかを中心に考えています。いくら銀行であってもカードローンの場合には比較的簡単に審査をして通してくれるでしょう。そうだとすれば、少なくとも平均的な収入を得ているならば問題なく借りることができると考えて問題ありません。ただ、収入面以外の審査がどのようになるかが問題になります。

契約社員でキャッシングの審査を通過するには

契約社員がキャッシングを行う場合には、必ず審査が必要ですが収入面は150万円程度あれば大抵のところでは審査を通過することが可能です。あとは年齢制限ですが、年齢に関してもそれほど大きな問題はありません。なぜなら、たいていのカードローンは20歳から65歳まで借りることができるからです。少なくとも、契約関係で働いているならば20歳から65歳の間の可能性がほとんどになるでしょう。このように考えれば、年齢制限のことはあまり考えなくてもよいです。

それ以外では、本人確認の身分証明書や在籍している会社の情報が重要です。会社に関しては、特に働いているかどうかが基準になりますのでハイレベルなカードを作る場面のように会社名だけで落ちるようなことはまずありません。本人確認は、特に深い意味はありませんが本人以外の人間が別の人になりすましてお金を借用することを防ぐために提示を促しているだけです。後は、それ以外で気をつけたいポイントをいくつか知っておきましょう。

契約社員がキャッシングの審査で気を付けたいポイント

契約社員がキャッシングを行うならば、過去にお金を借り返済していないかどうかが重要になります。金銭上の信頼は非常に重要で、一度でも債務整理などをしてしまうとブラックリストに名前が掲載されることになるでしょう。ブラックリストとは、保証会社が所有している情報で一度でも金銭的な問題を起こしてしまった場合にはその名前が情報会社のリストに載ってしまうわけです。

このリストは、業者の人間しか閲覧することができないと思われていますが、実際にはそのようなこともありません。だれでも閲覧することは可能になります。もし審査の段階で、ブラックリストに名前が掲載されているとすれば高い確率で借用することができないでしょう。ただ、一定の期間が経過してしまえば特に問題なく借りることができます。債務整理の場合には、ブラックリストに名前が掲載された時から7年から10年経過すると名前が消されますのでそのお金を融資してもらうことは可能になります。

勤務先への在籍確認

ブラックリストなどに名前が掲載されていなければ、ほぼ審査は終わりの状態ですが最後に勤務先に対して在籍確認を行うことになります。在籍確認とは、借用を申し込んできた人が本当に勤務している会社に名前があるかです。在籍の確認は、直接勤務先の会社に保証会社が電話をして行います。これにより、本人がいるかわかるわけです。多くの人は、借主は在籍の確認をすることに対して抵抗を持っているでしょう。なぜ抵抗があるかといえば、勤務している会社に借金をすることがばれてしまうからです。

しかし、それほど心配する必要がありません。なぜなら、電話をする方は借金をすることを一切勤務先の会社に話さないからです。個人名で話しをして在籍の確認をするだけですので普通に考えればばれることはありません。ただ、ばれることも全くないわけではなく大きな会社で過去に在籍の確認を何度も受けたことがあるスタッフならば、おおよそ確認の電話かどうか判断できます。

まとめ

契約社員が、消費者金融や銀行からお金を借用する場合には審査に通るかが問題になるところです。審査に関しては、明確な基準が定められているところが多いですが、おおむね本人確認や現在の収入そして年齢確認などが行われる程度です。過去にお金を借用して返済しておらず、滞納して債務整理をした場合にはブラックリストに名前が掲載されてしまいます。ブラックリストに名前が掲載されると、7年ないしは10年程度は名前が消えることがなくそのあいだお金を借り入れすることはできません。

審査をして問題がなければ、最後に在籍確認を行いますが在籍確認は保証会社の担当者が直接勤務先の会社に電話をかけるのが基本です。これにより、在籍しているかどうかがわかるだけでなく下手をすれば借金をしていることがばれてしまいますのであまり好まない人がいるのも事実になります。ただ、ふつうは確認をした段階で会社にばれることはまずありません。そのため、一部例外を除いて安心してよいといえます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金