信販会社のカードローンのメリット・デメリット

信販会社のカードローンのメリット・デメリット

信販会社のカードローンとは

信販会社の主な業務は分割払いによる商品売買です。販売会社に代金を立て替えて払い、商品の購入者からは分割払いによる支払いを受けます。信用販売を主な業務としていることから、信販会社と呼ばれます。信販会社の多くがクレジットカード事業や目的別のローンを扱っています。目的別のローンではマイカーローンが有名です。最近では個人向けのカードローンを取り扱っている会社が増えています。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

信販会社が発行するカードローンは、一般的に信販系カードローンと呼ばれます。銀行のカードローンや消費者金融のカードローンはテレビCMの影響もありよく知られていますが、信販系のカードローンはあまり知られていないです。銀行や消費者金融のカードローンに比べて地味な存在ですが、お得な商品が多いです。信販系と付いていても、すべての信販会社がカードローンを取り扱っているわけではないです。

信販会社のカードローンのメリット

信販会社のカードローンには様々なメリットがあります。一部の信販系カードローンは銀行のカードローンよりも金利が低いので魅力があります。クレジットカードの利用実績があれば、カードローンの審査で有利になります。金利の低い商品を上手に使うことで経済的な負担を減らすことができます。

銀行のカードローンを利用している人が多いですが、銀行のカードローンは契約する際に普通預金口座を開設する必要があることがほとんどです。信販系のカードローンではローンを申し込む際に口座開設の必要がないため手間がかからずに済みます。また、大手の信販会社は提携ATMが多いので使いやすいです。コンビニのATMで使えるため、多くの利用者がいます。歴史が古いため、システムがしっかりしているのも人気がある理由のひとつです。

信販会社のカードローンのデメリット

メリットが多い信販会社のカードローンですが、デメリットもあります。信販系は総量規制の対象となるので、信販系のカードローンから借りることができる限度額は年収の3分の1以下になります。信販系の場合は即日融資は難しいことが多く、申込みをしてすぐにお金を借りたい人には向かないです。提携ATMが多くて便利な信販系ですが、提携ATMの利用手数料は自己負担になることがあります。銀行のカードローンや消費者金融のカードローンの中には、提携ATMの手数料が無料のところもあります。

銀行系カードローンよりも信販系カードローンの方が審査が甘いと考えている人がいますが、どちらも審査は甘くはないです。信販会社のクレジットカードにはキャッシング機能が付いているカードがあり便利に使えますが、クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いので注意が必要です。クレジットカードのキャッシング枠は、少しだけお金を借りたい人を対象にした商品です。

信販会社のカードローンの利用に向いている方

信販系のカードローンは、安定感を求める人に向いています。クレジットカードの種類も豊富で、自分のライフスタイルに合わせたカードを選ぶことができます。大手信販会社の中には、カードの年会費が無料のところもあります。ステイタスの高いカードを選ぶこともでき、クレジットカードの5割以上のシェアを占めているという安心感もあります。

信販系のカードはキャンペーンが多いのも魅力で、ポイントサービスは銀行系のカードよりも充実しています。提携先が多いため様々な特典があり割引サービスも豊富なので、主婦には人気があります。カードを持っているだけで様々な優待を受けられるので、ポイントや優待が好きな人向けともいわれます。信販系のカードローンは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの中間くらいに位置します。銀行系よりも審査は厳しくなく、消費者金融系よりも金利は若干低めなので利用しやすいカードローンではあります。特典やポイント、優待が多いので几帳面な人の方がしっかりと管理して楽しめます。

まとめ

信販系カードローンは種類が豊富なので、自分のライフスタイルに合ったカードローンを活用することが大事です。日本には様々なカードローンがあり、同じ系列でも会社によって特徴が異なります。信販系は歴史が長く安心感を持って使っている人が多いです。消費者金融系のカードローンに比べると、生活密着型のカードローンです。審査に時間がかかるためすぐにお金が欲しい人には向きませんが、家庭の主婦の中には信販系のカードローンを活用して生活を楽しんでいる人も多いです。

カードローンは、上手に使えば生活をより豊かにすることができます。重要なのは計画性を持って使うことです。安定感が人気の信販系カードローンは総量規制の対象なので、事前に総量規制について把握してから借りた方が安心です。カードローンについて不明な点があれば、相談窓口に問い合わせることができます。最近は信販系カードローンや銀行系カードローン、消費者金融系のカードローンを比較したサイトも増え人気を博しています。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金