消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違い

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違い

総量規制の違い

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いの一つに総量規制の有無があります。総量規制は貸金業法で決められていて、借入合計金額が年収の合計の1/3を超えないよう規制する法律です。例えば年収300万円の場合、300万円×1/3は100万円となり借入可能額が100万円になります。このルールによって多額の借入が難しくなりましたが、この総量規制は消費者金融だけが対象で銀行カードローンは関係ありません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

銀行カードローンと異なり消費者金融には無利息期間などを設けている消費者金融などがあります。消費者金融の中には現在無利息期間などを設けているところもあり無利息期間が長く小額の借入で短期間返済できるなら、低金利である銀行カードローンを使用するより返済額が低くなるケースもあるでしょう。無利息期間内において返済できるなら、利息をまったく支払う必要がなくなるのでうまく利用することができるとかなりお得になります。

金利の違い

銀行カードローンの場合貸金業法ではなく銀行法が適用されるので、総量規制に関係なく借入することが可能です。高額借入に向いており消費者金融において総量規制から借入できなかった人も銀行カードローンの場合は借入することが可能です。銀行カードローンは消費者金融カードローンと異なり、金利が低めになっているところが多くあります。消費者金融はだいたい18%ぐらいですが、銀行カードローンは14.5%で借入することができるでしょう。

消費者金融にもメリットはあり、例えば比較的審査にパスしやすい可能生が高いということです。銀行カードローンの方が消費者金融と比較すると審査が厳しいイメージがありますが、大手銀行の中には保証会社に消費者金融が入っていて審査を消費者金融に任せているところもあり消費者金融だからといって審査に通りやすいわけではないようです。審査基準が会社によって異なるので、お金が必要な人はいろいろな業者に申し込みをしてみると良いでしょう。

審査・融資スピードの違い

消費者金融は審査スピードが速いという特徴があります。銀行の場合は自社で審査せずに保証会社に委託することが多いので、審査に時間がかかります。消費者金融を利用すると、申し込みや審査を無事終えればほとんどの場合即日キャッシングを利用することが可能です。銀行の場合は指定口座を持っていると即日キャッシングすることができますが、審査時間などの関係で即日は難しいでしょう。支払いが間近だったり急いで借入しなければいけない人は消費者金融を選ぶと即日で利用することができます。

借入するのに保証人が必要かどうかに関して、銀行カードローンと消費者金融共保証人は不要です。銀行カードローンは保証会社を利用することになります。銀行カードローンの場合は保証会社が審査しますが、保証会社によって審査の厳しさが違っているので融資スピードは銀行によって異なります。もし急ぎなら消費者金融を利用することをおすすめし、時間があるなら銀行カードローンも便利です。

その他の違い

銀行カードローンと消費者金融にはいくつか違うポイントがあり、在籍確認方法が異なります。通常職場に電話がかかり在籍確認が行われるのが一般的ですが、その際個人名で電話が来るので周囲の人にばれることはないでしょう。電話を嫌う人も多くいますが、在籍確認は銀行カードローンの場合必ず行われるでしょう。消費者金融の場合は行わないところもあり、一部の消費者金融のみ確認を行っています。電話ではなく社員証明書や健康保険証などといった書類で確認を行うケースもあります。

書類だけで確認を行っている消費者金融の場合、借入金額が50万円以内と小額の借入になっていて、高額の借入になると在籍確認が行われることが多くあります。審査結果によっては在籍確認が行われるケースもあるので、事前に借り入れする会社に確認しておくと便利です。電話してし本人がいなくても、電話を受け取った人から本人がいることが分かれば確認されたとして認められます。

まとめ

もし10万円以内借入するなら消費者金融がおすすめです。少額の借入を希望しているなら銀行より消費者金融の方が効率良く利用することができます。無利息期間を上手に使うことで利息を減らすことが可能です。50万円以上借入するなら銀行カードローンがおすすめで、高額借入を希望するなら銀行カードローンを利用する方がいろいろなメリットがあります。例えば消費者金融は50万円以上借入する場合、収入証明書などの提出が必要となり本人確認以外のいろいろな書類が必要となり審査に時間がかかります。銀行カードローンなら収入証明書を提出する基準が銀行によって違うので、50万円ぐらいの借入だと収入証明書が不要な銀行もあります。

消費者金融を利用するか、銀行を利用するかは借り入れしたい金額を考慮すると良いでしょう。事前に審査基準や審査時間・限度額などを確認しておき、いくつか比較検討すると無理のない自分に合った会社を見つけることができます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金