大手消費者金融と中小消費者金融の違い

大手消費者金融と中小消費者金融の違い

安心感の違い

大手消費者金融と中小消費者金融で決定的に違う部分は安心感の違いです。大手消費者金融はそのほとんどが銀行の傘下に入っており、経営基盤は磐石です。基盤が磐石だからこそ無理なことはせず、安心して貸し出してくれます。そうしたことは利率に現れたり、一定期間の無利息キャンペーンに出てきたりします。その点、中小の消費者金融は銀行の傘下に入っておらず、独自で経営をするところがほとんどです。知名度も低いために本当に安心してお金を借りられるのか不安に感じる人も少なくありません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

もちろん中小の消費者金融だからすべてのところが危ないというわけではなく、貸金業を行うには登録が必要であり、それをクリアしているからこそちゃんと借りることができます。大手であれば知名度がある分安心しやすいというのもありますが、コンビニのATMでも借りられます。中小の消費者金融はそこに対応しているかどうかがわからないため、そうした部分も安心感の違いに出てきます。

サービス内容の違い

サービス内容を見ていくと、大手消費者金融は幅広いお金の借り方ができます。お金を借りるのも返すのも振込みでできたり、融資をしてもらう際もネットですべて完結したりするなど融資までのハードルが低いことが多く、大手の消費者金融間で競争になることもあります。他にも銀行で簡単にカードが作れるなど、銀行の傘下に入っているからこそ成立するサービスも特徴です。

反対に中小の消費者金融はこうしたことができません。システムを作るにもお金がかかり、まず即日融資に関しても厳しいものがあります。大手であれば当然のように即日融資ができるような環境になっていますが、中小の消費者金融は店頭での窓口でできる場合が精一杯で、郵送で書類を受け付けないと融資できないことも見られます。すぐにお金を借りたい、誰にも見つからずに工面したい時に大手の方が手っ取り早く借りられる一方で、中小の消費者金融がそれができません。そうした部分でのサービス内容の違いはかなりの差になっています。

大手消費者金融の利用が向いている方

特に借り入れ実績がない場合やしっかりした収入がある場合など、返すアテがはっきりしている場合には大手の方がおすすめです。返すアテがはっきりしている場合にはすぐに返せば利息がつかないことがあります。そうしたサービスは大手を中心に行っており、うまく利用すれば急場をしのぎ、それに関する影響を残さずに済みます。またATMで利用できるケースが多いため、消費者金融の店舗までが遠いケースでも簡単に足を運べるのも魅力的な部分です。

全国どこでも利用できることが大手消費者金融のメリットであるため、日本全国に住む人は基本的におすすめできます。大手と呼ばれる消費者金融は数社に限られますが、誰もがテレビCMなどで見たことがあり、そのイメージも近年は改善されつつあります。ちょっとした出費があってどうにもならない場合などはすぐに融資をしてもらえることから、出費が発生しやすいような人にとっても大手の消費者金融の利用がおすすめです。

中小消費者金融の利用が向いている方

大手の消費者金融のデメリットは審査が厳しい点です。審査を通過する割合もあまり高くなく、機械的に判断するため、本当に借りたくても借りられないケースもあります。こうした場合に中小の消費者金融の方が借りやすい場合があるため、他に借金がある人はおすすめです。以前にブラックリスト入りするなど金融事故を起こした人でも場合によっては貸し出してくれることもあります。もちろんこうしたところでも審査はありますが、ある程度緩いのが中小の消費者金融の特徴です。

また大手に比べて利率が低かったり、貸し出し金額が少ないものの確実に貸し出しを認めてくれるところがあったりします。中小の消費者金融によっては大手の消費者金融のATMを利用できるケースもあります。幅広く利用しやすい人にとってもおすすめです。大手の消費者金融にあるようなメリットと、中傷の消費者金融独自のサービスを併せて持つようなところで借りるのがベストであると言えます。

まとめ

お金を初めて借りる人にとって、消費者金融は怖い存在であり不安に感じる部分でもあります。大手の消費者金融は手厚いサービスや実際の担当者の応対の優しさなどもあり、利用しやすいのがポイントです。一方、金融事故を起こしたり他に借金を抱えている人はお金を借りられるかどうかそのものに不安を抱くことがあります。中小の消費者金融であれば場合によっては貸し出してくれることがあり、それでなんとか生活をつなぎ止められるため、事情がある人ほど感謝されやすい存在です。

このように大手にするか中小の消費者金融にするかは、実際に利用する人の事情などを踏まえて決めることがおすすめです。もちろん利率の問題や毎月の返済の問題など見ていくべき部分はいくつもあります。そうした中でいくつかの消費者金融の中でサービス内容などを吟味し、最終的に納得できるところでお金を借りることをしていけば、最初に抱えていた不安も消えて後は返していくだけです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金