キャッシング・カードローンに関わる法律「貸金業法・改正貸金業法」を知っておこう

キャッシング・カードローンに関わる法律「貸金業法・改正貸金業法」を知っておこう

キャッシング・カードローンに関わる法律

キャッシングやカードローンは、急にお金が必要になったときに便利です。最近はコンビニのATMでキャッシングが利用できるカードも多くなり、より便利にお金を借りることができるようになっています。簡単にお金を借りることができると、収入以上に借りてしまう人もいます。計画的にお金を借りて一括払いや回数払いで毎月遅れることなく返済していけば問題ないですが、中には計画性がない人もいます。計画性がない人が収入以上のお金を借りてしまうと返せなくなり、多重債務者となってしまうことがあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

高金利の時代は多重債務者が増え、消費者金融の取立てに苦しむ人も多かったです。多重債務の問題は大きな社会問題にもなったことから、キャッシングやカードローンの利用者を守るための法律が整備されることになります。キャッシングやカードローンに関わる法律により多重債務者の数は減っています。法律によってキャッシングやカードローンを利用している人が守られているわけです。

貸金業法とは

キャッシングやカードローンに関わる法律として有名なのが貸金業法です。この法律は、貸金業者からの借入について定められた法律になります。多重債務者が増えたことが深刻な社会問題となり、この問題を解決するために従来の法律が改正されて貸金業法ができます。カードローンの利用者を守るための法律には貸金業法や出資法、利息制限法があります。貸金業法の対象は消費者金融や信販会社です。銀行や労働金庫、信用金庫は貸金業者ではないので貸金業法の適用を受けることはないです。

出資法と利息制限法については、カードローンを取り扱う会社に適用されています。お金を借りる場合は、法律で決められているカードローンに関する規定を知っておくことも大事です。キャッシングやカードローンに関する規定を把握しておくことで、スマートにお金を借りることができます。法律を知っていれば、何かトラブルがあった場合でも法律に照らして対処することができるようになります。

改正貸金業法で変わった点

改正貸金業法でルールが大幅に変わり、年収の3分の1以上の借入ができなくなり信用情報機関加盟の義務化により貸金業者の審査基準も高くなっています。貸金業者の執拗な取立てがなくなり金利が大幅に下がったのも大きな特徴です。昔は借金の取立ての電話が多く夜中に電話がかかってくることもありましたが、自主規制により執拗な取立てはほぼ消滅します。貸金業を営業する場合の基準が引き上げられ開業の条件が厳しくなっています。

貸金業法の改正で最も重要なのが過剰貸付の規制です。信用情報機関のCICにローン情報のすべてが保管されるようになり、どの貸金業者から総額いくらの融資を受けているかが明確に把握できるようになっています。貸金業者からの融資内容が明確になれば、過剰な貸付を防ぐことができます。総量規制の導入も大きな変化です。総量規制によって前年度の年収の3分の1以上の貸付が規制され、金利の上限も法律の改正によって引き下げられています。

グレーゾーン金利の撤廃と過払い請求

グレーゾーン金利が撤廃されたことで、過払い金が戻ってきます。貸金業法改正によって利息制限法の上限金利を超える金利は行政処分の対象となります。過払い金は、利息制限法で定められている法定金利を超えて返済している場合に発生します。消費者金融だけでなく、クレジットカードを利用したキャッシングでも過払い金が発生しています。過払い金の原因であるグレーゾーン金利が撤廃されたので、現在は消費者金融などでお金を借りても過払い金が発生することはないです。

改正法の施行以前に借入を始めた人の場合は、過払い金が発生している可能性があります。過払い請求は自分だけで請求することが可能ですが、法律のプロである弁護士や司法書士に依頼して過払い請求をする人が多いです。経験豊富な弁護士や司法書士に過払い請求をしてもらうことで、スピーディーな解決が可能です。弁護士事務所や司法書士事務所に過払い金の相談に行く場合は、取引期間や契約内容がわかる書類を持っていくと手続きがスムーズに進みます。

まとめ

キャッシングやカードローンは、収入を考えて借りることが大切です。計画性を持って借りて毎月滞りなく返済していれば信用度も上がります。カードローンは利用する用途が自由なので、急にまとまったお金が必要になった場合には便利な商品です。キャッシングやカードローンを利用する場合は、完済までを考えて利用することで借り過ぎを防ぐことが可能です。カードの限度額が上がっても、年収と毎月無理なく返済できる金額をよく考えて借りることが大事です。字が細かくて書いてあることが難しいとカードの規約を読んでいない人もいますが、カードを作った場合は必ず規約を読みしっかりと内容を把握しておく必要があります。

最近はキャッシングやカードローンに関するサイトが増え、中には弁護士など法律のプロがアドバイスを行っているサイトもあります。そのようなサイトをチェックしておくことで、キャッシングやカードローンについて深く知ることができます。キャッシングやカードローンの返済で困っている場合は、弁護士事務所などの無料相談サービスを利用すると適切なアドバイスがもらえます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金