キャッシングやカードローンの郵送物にはどんなものがある?

キャッシングやカードローンの郵送物にはどんなものがある?

キャッシングやカードローンの郵送物の種類

お金を借りる場合はキャッシングやカードローンが比較的簡単に契約を済ませることができますが、こっそり契約をしたい場合には輸送物が気になるところです。例えば、家族にだまってお金を借りたい場合には、郵送物があると家族にお金を借りたことがばれてしまうため事前にどのようなものがあるか確認しておくことは大事になります。自宅に郵送されてくる郵送物は、まずカードになります。これはカードを持っていない場合のはなしになりますので、すでにカードを所有している場合にはこの限りではありません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

カードの場合は、簡易書留で送られてくることがほとんどですので、郵便受けからこっそり取り出すことはできず必ず手渡しになるため注意が必要です。あとはローン契約書類や利用ガイド、そして申込書類になります。これらのものは、ばらばらで送られてくることはあまりなく、3種類はセットで送られてくることが多いです。書留で送られてくることはありませんので、郵便受けから人知れず取り出すこともできるでしょう。

郵送物なしのキャッシングやカードローン

キャッシングやカードローンを利用する場合は、郵送物が基本になりますが、金融機関側も輸送物を気にする顧客がいることをしているため、最近は輸送物を出さないような仕組みをとっているところも少なくありません。そもそもなぜ自宅に郵送物を届けずに契約をすることができるかといえば、それなりの理由があります。理由の一つは、カード自体が存在しない場合になります。カードローンと呼ばれていながらカードがないため、わざわざ簡易書留でカードを送る必要がないわけです。

どのような状態になっているかといえば、お金を借りるときはあらかじめ銀行口座を作っておき、お金を借りる段階でその銀行口座の中にお金を入れてもらいます。そして、口座に入ったお金を引き出すことができるためカードを必要としないわけです。書類に関しては、インターネット上で閲覧することができるように電子化されているため、わざわざ紙を使わずに済みます。これは、金融機関側にとっても大きなメリットがありますので推奨しているところも少なくありません。

自動契約機・ローン申込機で契約した場合の郵送物は

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、自動契約機やローン申し込み機を利用するパターンも存在しています。確かに一昔前はほとんど現場に赴き契約をしたり電話で契約をすることが多かったわけですが、最近は自動契約機などが店舗に置かれており、そこで契約をすることができてしまいます。このような場合には、郵送物が送られてくる時と送られてこない時の二つのパターンにわかれるでしょう。ただ、現地ですでに契約を済ませるならば、基本的に書類などを送る必要がなくなります。

気をつけるべき点は、滞納した場合にどのような扱いになるかです。当然ほとんどの人は滞納するつもりはなく期限内に返済することを予定していますが、やむを得ず滞納してしまう場合も考えられなくはありません。このようなときに郵送物があれば問題が発生してしまえますので、少なくとも一回程度滞納した場合でも郵送物が届かないような仕組みをところを選ぶ必要があります。

内緒でキャッシングやカードローンを利用する方法

一人暮らしの場合は関係ありませんが、家族で暮らしている場合などは奥さんにばれないように、あるいは親に見つからないように内緒でキャッシングをする人もいます。このような場合、確実に見つからないようにするためには、書類を発行しないところにお願いをすることが重要です。また、現地に行って直接契約をすることで郵送物をなくすことは可能になります。ただこの場合でも、郵送物が届いてしまうことも考えられなくはありません。たまに金融機関が発送する何かの宣伝やはがきなどがある場合、ばれてしまう可能性が高くなります。

非常に心配だと感じる場合には、一切手紙やはがきを送らないと明言しているところからお金を借りるのが一番です。さらに、手紙や封筒などは局留めにしてもらうことでばれるのを避けることができます。局留めにすることで、わざわざ郵便局に取りに行かなければいけませんが、家族にばれるリスクを考えるとそれぐらいは問題ないでしょう。

まとめ

金融機関でキャッシングあるいはカードローンでお金を借りる時には、郵送物があります。これは、カードそのものと契約書や申込書などですが、もし自宅に家族が住んでいて家族に内緒でお金を借りる場合にはそもそも輸送物があっては何かと不都合です。少なくともそのはがきや封書などを見た時に、家族は気がついてしまうものです。この場合には、手紙や封筒などは一切送られてこないところを利用するべきでしょう。手紙や封筒が一切ないところは、ホームページなどで確認をすることで見つけることができます。

また、自動契約機などの機械の場合は、通常郵便物を送るようなことは考えにくいです。さらに、局留めにしておくことも不可能ではありません。例えば、契約をする時にカードが来る場合には簡易書留できますが、その簡易書留を局留めにすることで自分で郵便局まで取りに行くことができ、結果的に自分の家族にばれないでお金を借りて返済することが可能になります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金