キャッシングやカードローンの返済方式

キャッシングやカードローンの返済方式

キャッシングやカードローンの返済方式とは

キャッシングやカードローンでお金を借りた場合には、当然返済して行くことになりますが、この返済方式にも種類があります。返済方式をきちんと理解しておくことで、堅実な返済計画が立てられるようになるのです。逆に特徴を知らないまま、キャッシングやカードローンを利用してしまうといつまで経っても借入金が減らないという状況にも陥りかねません。複数回に分けた返済方法は「分割払い」と「リボルビング払い」に大きく分類することができますが、それぞれにも複数の方式が存在します。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

また、各返済方式を組み合わせたものも存在するため、一つ一つ確認しておきましょう。様々な返済方式があると言っても負担をなるべく小さくするために重要視するポイントは単純です。できるだけ早く完済することと、最初になるべく多くの金額を返済することの2点です。長期化すれば利息を支払い続けることになりますので、最終的な負担が大きくなります。この点を基準として判断すると実態を掴みやすくなります。

返済方式の種類と特徴

代表的なものには一回払い・分割払い・リボルビング払いに分けられます。一回払いは、最もシンプルで、借りた日から返済日までの利息と元本をまとめて一括で返します。分割払いは、回数が定められているのが特徴です。事前に3回払い、6回払いといった指定でプランを組みます。通常は返済回数を延ばすことはできません。その中でも、元金部分の返済を固定した元金均等返済方式と、元金と利息額を固定した元利均等返済方式の2つがあります。元金均等返済方式は最初の負担が最も大きく、元利均等返済方式は月々の返済額は一定になるという特徴があるのです。

リボルビング払いは分割払いとは異なり、返済回数が定められていないという特徴があります。代わりに月々に返済する金額が決められています。また、元金定額や元利定額の各方式を組み合わせたものもあります。さらに、借入総額に対して一定の割合で返済していく定率リボルビング払いや、月々の返済額が変更される残高スライドリボルビング払いなど種類が豊富です。大切なことは金利が同じであれば、元金をすぐに減らせるほど返済総額が少なくなります。

リボルビング方式のメリット・デメリット

カードローンにもよく取り入れられるリボルビング方式の最大のメリットには、追加で借入をしても毎月の返済額が増加しないことが挙げられます。借入額に比例して月々の返済額が増額されるといった心配がないため、月々の負担に悩まされることはありません。しかし、返済額と言う実感できる金額の裏には元金の存在があります。追加の借入によって元金が膨らんでいるにも関わらず、返済額が少額であれば、その分だけ返済期間も長期化してしまいます。

返済期間が長くなると利息負担も増加して総返済金額が増えてしまうデメリットがあるのです。また、追加借入をしても元金の存在が実感しづらく、借金をしている感覚が麻痺して、さらにお金を借りてしまう危険性があります。リボルビング方式のサービスを利用する際には、しっかりとした元金の管理が必要不可欠です。追加で借入したり、余裕ができたりした場合には、可能であれば返済額の変更を検討して返済計画の見直しを都度心がけた方が良いでしょう。

リボルビング以外の方式のメリット・デメリット

一括払いは当然ながら最も利息が少なくなりますが、支払いまでの期日が短いのがデメリットになります。分割払いの場合は回数が定められていますので、返済計画を立てやすいメリットがあります。追加でお金を借りる場合には区別されますので、元金の管理も意識しやすいのです。ただし、金利が高めに設定されていることが多いことには注意しなければいけません。

また、元金均等返済方式の場合で言えば、元金を固定するため最初の負担は大きいですが、その分だけ総利息負担を小さくできるメリットを持ちます。最初にできるだけ多くの金額を返すことが可能であれば、利用価値の高い方式です。元利均等返済方式では月々の返済が一定で計画を立てやすく高額ローンなどで用いられますが、総利息が大きくなるデメリットがあります。返済額と利息を一定にするために、返済開始時の元本の返済額が少なくなることが原因です。どちらも月々の返済の負担を考えるか、最終的な利息を重要視するかによって適したものが異なってきます。

まとめ

いくつも返済方式があるため、複雑に感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、最初に触れたように基本はできるだけ長期化しないことと、最初にできるだけ多くのお金を返済して借入額を減らすことです。これを基準に考えれば元金均等返済方式では元金を固定するため、利息との合計で負担が大きくなりますが最終的な利息負担を軽減できることが分かります。対して、元利均等返済方式では最初に元本の返済額が少ないため、元本にかかる利息もそれだけ高くなります。

また、リボルビング払いでは回数が定められていないため、追加での借入を続けてしまうと元本がいつまで経っても減りません。その結果、支払いが長期化して総利息の負担が大きくなってしまうのです。いずれも最初の返済、そして最終的な返済日を考えることで整理できます。ただ、利息よりも月々の負担を減らすことができることも大きなメリットです。重要なことは、それをきちんと理解した上で利用しているかということです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金