キャッシングやカードローンの申込みに必要な収入証明書

キャッシングやカードローンの申込みに必要な収入証明書

収入証明書とは

キャッシングやカードローンを利用するときは、返済能力があるかを判断するために収入証明書を提出することを求められることが多いです。収入証明書とは、具体的には源泉徴収票や給与明細書といった収入を具体的な数字で示すことができるものを指しています。その他にも収入がわかる書類であればよいので、所得証明書や確定申告書、住民税決定通知書などでも収入証明書として認められます。基本的に住民税の記載がある書類であれば直近1ヶ月の給与明細書でも構いませんが、記載がない場合は直近2ヶ月分のものが必要です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

賞与支給がある場合は、1年以内に賞与明細書も一緒に提出することで、安定した給与があることを証明することができるので、借り入れ金額を増やすことも可能になります。収入証明書は全て必要ではなく、これらの書類のうちの1つを提出することになります。書類には名前や発行日時がしっかり記されているものが提出するようにしましょう。

収入証明書の入手方法

収入証明書の入手方法は、それぞれによって異なりますが、一番手に入れやすいのは給与明細書です。給与明細書は毎月発行されていますから、それらを捨てずに保管して提出するのが一番簡単です。その他の源泉徴収票は毎年年末調整の時期に配布され、必要に応じて税金を申告したり医療費を控除するときに使われる書類です。年末調整の時期に配布されるので、カードローンを利用する時期によってはすでに捨ててしまっている可能性があるので注意が必要です。

基本的に会社勤めの場合は、給与明細と源泉徴収票は勤務先から入手することになり、その他の住民税決定通知書は住んでいる自治体の役所から自宅に送付されます。自営業の場合は、自分で納税証明書を取得しなければなりません。会社員であっても給与明細書などを紛失してしまった時は、役所に行って課税証明書を発行してもらうことになります。課税証明書は申請すると手数料がかかりますがすぐに発行してもらえるので入手しやすいです。

キャッシングやカードローンの申込みで収入証明書が必要となる場合

キャッシングやカードローンを利用するとき、収入証明書が必ず必要だというわけではありません。必要の有無は、借り入れ限度額に応じて決まっています。金融機関がそれぞれ独自で収入証明書が必要かどうかを判断していますが、ほとんどの消費者金融では50万円以上の借り入れ限度額にする場合は収入証明書の提出が求められています。もしくは他の金融機関との借り入れ金額と合算して100万円をこえる借り入れ金額を希望するときにも求められることが多いです。

10万円以下など小額の借り入れの場合には、収入証明書の提示を求められないことも多いので、簡単に利用できるのが魅力になっています。ただ収入証明書は返済能力を示すための重要な目安になりますから、スムーズにキャッシングやカードローンを利用できるようにするためにも、あらかじめいつでも提出できるように準備をしておくと安心です。金融機関によって契約内容や必要な書類が異なりますから事前確認が必要です。

消費者金融や銀行への収入証明書の提出方法

消費者金融や銀行への収入証明書の提出方法は様々で、一番簡単なものがFAXを使って送信する方法です。自宅やコンビニからのFAXで送信できるので、わざわざ店舗に出向く必要がありません。さいきんでは写真で撮影したりスキャンした画像をメール送信するだけで、提出できるところもあります。スマートフォンのアプリを提供していれば、そこに撮影した画像をアップするだけでいいので簡単です。その他には、店頭窓口に収入証明書を持参したり、消費者金融であれば全国各地に設立されている無人契約機に持参をするという方法があります。

また郵便を利用して専用封筒にて郵送するという方法もありますが、到着するまでに時間が2日ほどはかかってしまうので、それだけ審査が始まる時間が遅くなってしまいます。キャッシングを利用したいときはできるだけ早くお金を借りたいと困っているときが多いので、よりスムーズに審査を受けられるようにするためにFAXでの送信をおすすめします。証明書の現物は手元に残すことができるので、個人情報を守る上でも安心です。

まとめ

キャッシングやカードローンを利用するときには、審査を受けて返済能力を確かめられることになります。審査には個人情報の他に、収入証明書を提出することでキャッシングを利用できるかどうかを判断されます。そのため収入証明書はとても重要な書類ですから、提出が遅れればそれだけ審査も遅れて、借り入れできる時期も遅くなってしまいます。少額の場合は収入証明書は必要ありませんが、50万円の限度額で借り入れをするときはほとんどの金融機関で提出することを求められます。

あらかじめ給与明細書などを手元に置いてから申し込みをすると、スムーズに審査が受けられるので、時には申し込んだその日に借り入れをすることができるところもあります。収入証明書が必要のない場合は年収などは自己申告になりますが、その時に実際とは異なる年収を申告しても審査データと比較されるのですぐに嘘がばれてしまいます。正直に申告をすることが、審査に通るための近道になります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金