就職が内定の段階でもキャッシングやカードローンの申し込みは可能?

就職が内定の段階でもキャッシングやカードローンの申し込みは可能?

消費者金融で借入をするには安定した収入が必要

消費者金融で借入をする場合、安定した収入が必要になります。消費者金融のカードを持っていると、急にお金が必要になったときにコンビニのATMでキャッシングできるので便利です。消費者金融でカードを作るには、申込みをして審査を受けます。この審査をクリアしないとお金を借りることは無理です。審査では年収や勤務している会社、他社からの借入などについて調べて返済能力の有無をチェックします。審査の中で最も重要なのが年収です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

現在の日本では総量規制という法律があるため、借入が可能な限度額は収入の3分の1となっています。複数の消費者金融からお金を借りる場合でも、その総額が年収の3分の1を超えないようにします。年収も大事ですが、消費者金融にとって最も重要なのは毎月安定した収入が入ることです。審査では、過去の借入歴についても調べます。過去の借入歴は信用情報機関のデータでわかります。会社員の場合は安定した収入があるので、初めてカードを作る場合はだいたい審査に通ります。

銀行カードローンなら世帯収入を基準に借入できる可能性も

消費者金融では、パートやアルバイトでも収入が安定している人であればお金を借りられることが可能です。収入の安定を見極めるには3つのポイントがあります。3つのポイントとは勤務先と勤続年数、雇用形態です。継続して収入を得ている場合、アルバイトよりも正社員の方が有利になります。正社員でも勤続年数が1年未満だと審査に不利になることがあり、パートやアルバイトの人でも勤続年数が長いと審査に通りやすいです。

世の中には、学生ではあるものの就職の内定が決まっている人がいます。就職の内定が決まっている人が消費者金融でお金を借りたい場合、一般的には審査に通るのは難しいと考えられていますが例外もあります。正社員として上場企業に内定している人の場合は、審査に通りやすいです。銀行のカードローンの場合は、世帯収入を基準に借入ができる可能性もあります。審査の基準は会社によって異なるので、借入ができる人もいれば断られる人もいます。

内定先への在籍確認の電話はあるの?

就職の内定が決まった状態でカードの申込みをする場合、勤務先には就職先の情報を記入します。勤務先の住所や入社予定日などは正確に記入することが大事です。内容にミスがあると審査が厳しくなることもあります。年収を記入する欄には、見込み年収を記入しておきます。会社によっては年収の記入が不要のケースもあります。内定通知書や採用通知書を提出するように求められることも多いです。カードローンの審査では、担当者が申込みをした人の勤務先に連絡して在籍確認をします。

内定者の場合は在籍確認の電話をする会社もありますが、内定通知書を在籍確認の代わりにする会社もあります。入社して会社に勤め始めてから改めて在籍確認をする会社もあり、対応は会社によって異なります。在籍確認をしても会社側が答えないこともありますが、そのことで契約が不可能になることはないです。内定者がカードローンに申し込んで無事審査に通った場合、利用限度額は10万円から30万円くらいです。

就職後に増額可能

内定者の場合、多くの人は就職後に増額が可能になります。勤務開始後に在籍確認をする会社も多く、在籍確認が取れれば利用限度額を上げてくれる会社が多いです。内定だけでカードローンの審査が通る人というのは大手上場企業の内定者や公務員であるケースが多いため、カード会社にとっても良い顧客になります。大手上場企業や公務員は収入が安定しているので、利用限度額が上がる可能性は高いです。利用限度額を上げて欲しい場合は、担当の窓口に電話をかけて相談することもできます。

カードの限度額を増やすことはカード会社にとってもリスクがありますが、信用が高いほど限度額が上がる可能性は高くなります。入社したばかりの人だと限度額を大幅にアップすることは難しいですが、そこそこのアップは期待できます。同じ会社に何年も勤務することで、信用度がどんどん上がります。数年すれば限度額が50万円になる人も多いです。若くても出世して年収が上がれば、さらに限度額アップが望めます。

まとめ

一般的に就職の内定が決まっているだけではカードローンの審査をクリアするのは難しいですが、例外はあります。最近は学生でもアルバイトだけで正社員と同じくらいの月収がある人もいます。消費者金融では安定した収入があることが重要な審査ポイントなので、アルバイトで何年も安定した収入があり、就職の内定が決まっているのであれば審査が通る可能性もあります。大手企業の内定通知書や採用通知書などがある場合も、カードローンの審査に通る可能性が出てきます。公務員など長期間安定した収入を得られる職業であれば、勤め始める前でもカードローンの審査をクリアできることがあります。

審査の基準は公表されていないので、カードローンの申込みをする前には審査に通るかどうかはわからないです。特に内定者の場合は審査が難しいです。会社には相談窓口があるので、どうしてもカードローンの申込みをしたい場合は相談してみると担当者が親切に相談にのってくれます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金