消費者金融の住宅ローンへの影響

消費者金融の住宅ローンへの影響

消費者金融の利用と住宅ローンへの影響

消費者金融で借金することも金融機関で住宅ローンを組むことも、お金を借りるという点では2つとも同じです。つまり、消費者金融でお金を借りていれば、当然ながら住宅ローンにも少なからずの影響を与えます。特に住宅ローンは数千万単位でお金を借り、それを30年以上かけて返済していく性質のものです。経済的に長く安定しているからこそ利用でき、30年以上返し続けてくれると見込んで組ませてもらえます。消費者金融を利用することは経済的な不安定さを露呈するため、確実に影響はあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

住宅ローンには事前審査と本審査があります。見るべきところはさほど変わりませんが、本審査では万が一払えなくなった住宅ローンの肩代わりをする会社がチェックを行うため、厳しく見ることは当然です。額面が多ければ高い確率で認められませんが、低いからセーフというものでもないのが住宅ローンでの審査です。直近で利用していた人は住宅ローンを組めない可能性があります。

消費者金融を利用していて住宅ローンの審査を通すには

現時点で消費者金融を利用している人が住宅ローンの審査を通したい場合に、まず避けるべきことを知るべきです。それはいくつもの金融機関に住宅ローンの申し込みをすることです。ほぼすべての銀行は信用情報をチェックし、消費者金融の利用実績を確認します。それとは別に審査に落とされたような情報も載っており、いくつもの銀行が審査を通さなかったということがわかります。その状態でわざわざローンを認める金融機関は皆無です。審査は多少時間がかかるため、長期戦を覚悟して臨むことが大事です。

審査を通しやすくするにはまず完済させることが絶対条件ですが、これとは別に配偶者も働きに出てもらってその収入を合算することや住宅建設の頭金を提供してもらうことが必要です。経済状況を良くすれば返済能力が上がるだけでなく、借入金額そのものを減らせます。これでも認められない可能性はありますが、少しでもチャンスは広がるため実践すべきことです。

消費者金融と住宅ローンの借金を合算することは可能か

人によっては消費者金融での借金と住宅ローンをまとめて返済したいと思っている人はいますが、普通に考えて難しいです。おまとめローンのように複数の消費者金融から借りている状態であればまだしも、明らかに年利が違うところからお金を借り、それを住宅ローンに合算するやり方は認めてくれるわけがなく、それが許されれば多くの人が同じ手を使い、消費者金融は商売できなくなります。そのため、まとめるようなことはできません。あくまでも別個で考えるべき案件です。

中には住宅ローンの審査を受ける前に一気に完済して審査を有利に持っていきたいと考える人がいますが、これもあまり意味をなしません。信用情報を調べる際にそれらの事実はすぐにわかってしまいます。他の人からお金を借りて記録上は完済しただけと思われることもあることから、むしろ一括で返せるだけのお金があればそれを頭金にして少しでも借入金額を圧縮するような形にした方が審査は通りやすいです。

消費者金融を利用していて住宅ローンの審査に落ちた場合はどうすべきか

万が一審査に落ちた場合、明らかに消費者金融の利用が原因であるため、信用情報からそれが消えるのを待つのが確実です。完済から5年で消えるため、完済してなければまずは完済を目指しそれから5年を待つことが大事です。すでに完済している人は残りの期間で貯金をしておいて、少しでも借入金額を抑え込むような形にしておくと金利負担などを抑えられます。どうにかして借りようとするのではなく、より有利な条件で利用するためにも環境の整備をしておくことが無難です。

また相続などで資産をもらえば、それを頭金に回しておくこともおすすめです。年収がある程度あり、年収に占める借金の返済額が一定の割合を下回ればたとえ消費者金融を利用していてもローンを認めてもらえることがあります。配偶者などにも協力してもらい、年収の額を上げればそれだけ審査は通りやすいです。5年の間にいくらでもやれることはあり、着実に成果を出していけばむしろその時よりもいい条件で借りられる可能性があります。

まとめ

消費者金融を利用していたら一切借りられない、ローンを組めないということではないものの、結局のところはしっかりと返済してくれるかを見ています。消費者金融の返済と住宅ローンの両立は普通は難しく、できたとしても長続きしないと考えるのが普通です。両立できるように住宅ローンの借り入れを少なくする、楽に返済できる経済状態にするなどの方策が必要であり、無理に借りたら後で余計に面倒なことになりかねず、悲しい思いをするだけです。

消費者金融は数年単位で返済を目指しますが、住宅ローンは35年ローンなどもあり、今まで過ごしてきた人生と同じだけの期間にわたって返済し続けるようなものです。本人ですら途方がない道のりであると感じる以上、貸し出す側はそれ以上に不安を感じています。頭金を増やす、稼ぎを増やすなどやれることはありますが、まずは消費者金融からの借金を完済して、信用情報からそれが消えるのを待つことを優先すべきです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金