消費者金融の借入

消費者金融の借入

消費者金融の借入の特徴

消費者金融から借入する場合の最も大きな特徴は、申込みから借り入れまでの時間が早いことが挙げられます。審査時間は最短30分を謳っている消費者金融もあるため、即日融資の対応も可能なのです。申込み方法もインターネットからもできるため、スマートフォンで利用する人も多くいます。ただ、借入可能額は最高500万円となっていますが、総量規制が適用されるため年収の3分の1までしか借りられない決まりがあります。審査がある程度優しい分、借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために返済できる範囲での借入条件となっているのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

各消費者金融では、無利息期間キャンペーンを実施していることもよくあります。金利がやや高い傾向にありますが、30日間無利息で借りられることもあり、上手く使えば利息の負担をゼロにすることができるのです。返済方法も銀行振込やコンビニの提携ATM、インターネットや消費者金融のATMを利用することができます。手数料がかかることもありますが、消費者金融のATMを利用すれば無料となるケースが多いのも特徴です。

消費者金融の借入方法

実際に消費者金融で借入を行うには、インターネットからの口座振込・電話・消費者金融や銀行、コンビニのATMなどの方法があります。特にインターネットを利用した場合は、スマートフォンやタブレットからも行えますし、新規契約者でも審査から借入まですべて完了させることも可能です。いずれの方法でも基本的には本人確認書類と在籍確認をして審査に合格する必要があります。

そのため、即日融資を希望される人は、結果が出るための時間を考慮しなければいけません。受付が14時までだったとしても、数分前だと翌営業日になってしまいます。ただし、大手消費者金融であれば審査時間も最短30分ほどと早く、各社規定の時間までに契約が完了すれば、指定の銀行口座に即日でお金を振り込んでもらえます。申し込み自体はネット上で24時間受付していますので、時間を選ばず大変便利です。審査が通った後に送付されるカードを利用すれば、消費者金融や提携先のATMで借入することも可能です。

消費者金融の借入のメリット

消費者金融で借入する場合は、代わりとなる担保や保証人を必要としません。審査にも柔軟性があり、新卒の社会人やパートをしている主婦、軽微な返済の遅れが過去にあったという人でも審査に通る可能性があるのです。比較的審査に通りやすいため、急な出費でお金に困っている人にとっては大きなメリットだと言えます。さらに即日融資も可能なため非常に心強いです。冠婚葬祭のお誘いや、飲み会続きで給料日までが厳しいと言った場合でもすぐに申し込みと審査ができて融資してもらうことが可能です。

より確実に即日融資をしたいのであれば自動契約機を利用する選択肢もあります。各消費者金融によって多少時間は変わりますが、夜の21時から22時頃まで審査を受け付けているため仕事終わりに立ち寄り借入することも可能なのです。各銀行の営業時間が融資に影響しますが、人の目が気になるという人はインターネットで申し込むこともできます。審査の受付自体は24時間実施されているため、銀行の営業時間内であれば気軽に借入することが可能です。

消費者金融の借入のデメリット

消費者金の借入で実際に体感する一番のデメリットと言えば、金利の高さです。無担保無保証でお金を借りることになりますので銀行に比べて、それなりに金利が高くなることは理解しておく必要があります。ただ、以前と比べて出資法の上限金利の引き下げによって、2010年から金利の上限は20%まで下がっています。ほとんどの消費者金融では金利が18%ほどに設定されているため、計画的に利用すれば借りた分の利息で首が回らないといった状況に陥る心配はありません。

また、総量規制がかかることも、まとまったお金が必要な人にとっては残念なポイントです。審査が柔軟なため幅広い人が借入の対象となる分、年収の3分の1までが借入額の限界だと定められています。どんなに属性が良い人でも年収300万円であれば、100万円までしか借りることができないのです。この金額よりも多くの借入を希望する場合には、消費者金融は選択肢から外れてしまいます。

まとめ

消費者金融の借入は、昔のイメージに比べて利便性が高く利用しやすくなっています。その背景には上限金利の引き下げや、スマートフォンなどのデバイスから気軽に申し込みを行える仕組みが整ったことがあります。店頭に訪れたり、煩わしい郵送のやり取りをしたりすることなくスムーズに利用できるため、賢く消費者金融を利用する人も増えてきているのです。即日融資も可能なことから、いざと言う時のための備えとして消費者金融は十分な役割を果たします。お金がないから借りるという利用方法ではなく、お金が手に入るまでの期間を埋めると言った使い方に最適です。

手数料も銀行やコンビニでは必要ですが、消費者金融のATMであれば無料です。そのため、コンビニや銀行のATMから手数料を支払って引き出すのではなく、消費者金融から借入して次の日にかえして安く済ませるという堅実な利用方法もあります。ただ、便利すぎて借りる必要のないお金まで借りてしまわないように計画的な利用は不可欠です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金