プロミスの金利の特徴や金利決定方法

プロミスの金利の特徴や金利決定方法

プロミスの金利の特徴

多くの消費者金融の最大金利が18%となっている中、プロミスの最大金利は17.8%です。これは一般のカードローンでもレディースローン、自営者ローンなどでも同様です。また利息制限法により、限度額が100万円を超えると自動的に最大金利も15%以下に引き下がります。限度額をアップすることができる人は利用の有無に関わらず上げておいたほうが、より良い条件で借り入れができるようになります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

最低金利は4.5%となっていますが、実際にはこれほど低い金利で借り入れできる人はほとんどいません。最大限度額500万円まで枠を増やしたとしても、借主の信用によって金利が変わってくるので、低い金利で契約をするためには契約内容の変更を繰り返し、金利の引き下げ交渉を長い年月かけて行っていく必要があります。初めての利用から30日間はどのような人であっても金利ゼロで借り入れができるサービスを行っています。短期間の借入のみを希望している場合は有効活用できるでしょう。

プロミスの金利決定方法

利息制限法では10万円未満の貸し出しは最大金利20%、100万円未満は18%、100万円以上は15%以下と定められています。現在のプロミスでは契約額が少額だとしても、最大17.8%の金利になります。少額で初めての利用だった場合はこの17.8%が適用されることが多くなります。プロミスは消費者金融ですので、総量規制の対象業者でもあります。他社の借入残高とプロミスでの契約額が年収の3分の1を超えてはなりません。他の会社に借り入れがあると契約額も少なくなってしまうため、金利も高く設定されやすくなります。

他社の借入額とプロミスでの契約額の合計が100万円を超える場合、プロミス単独での契約額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。100万円以上の限度額になれば金利も15%以下になるため、複数の借り入れがある人は1社にまとめるのも上手な借入方法です。この場合他社に契約が残っていても借入残高がなければ規制の対象となりません。

プロミスの金利を下げる方法

プロミスに関わらず、すべての金融機関で金利を下げるのに必要なのが、金融機関との信頼関係です。毎月の返済を遅れることなくこなし、かつある程度の利用があることが信頼へと繋がります。延滞をしてしまったり、遅れているのに連絡がつかないような人は返済する意思がないと判断され、信頼関係にひびが入ってしまいます。信頼できない相手は貸出先としてリスクが高いため、金利を下げることは難しくなるでしょう。

もし支払いが厳しくて遅れてしまうようなときも、自ら電話をして状況を説明するなど、コミュニケーションが重要です。特に15%以下の金利にするためには信頼関係が不可欠です。おおよそ半年程度利用をしていれば金利の引き下げ交渉をすることが可能になりますが、契約額が少ないうちは収入証明書を提出することで大幅に限度額のアップ、金利の引き下げができることもあります。他社での利用状況も判断材料となりますので、他の会社のクレジットカードやカードローン、携帯割賦代金の支払い遅れがないように注意しておきましょう。

プロミスの金利・利息の計算方法

利息は日割りで計算されます。例えば10万円の借入残高があり、契約金利が17.8%だった場合、1日当たりの利息は100000万×0.178÷365(うるう年の場合は366)日で、48.7円です。30日間借りていた場合は利息負担は1461円です。早めに返済すれば元金が減るため、1日当たりの利息負担も減少します。遅延した場合は契約している金利に関わらず遅延利率として20%が適用されます。

特に低金利で借り入れをしていて元金が多い人ほど、遅延したときの負担が大幅にアップするので注意しなくてはなりません。ネット上には利息をシミュレーションできるサイトが多数あるので、借り入れをする前に返済の負担がどれくらいになるのか計算しておくと良いでしょう。その月の返済額が厳しい場合、発生している利息負担だけでも返済すれば返済が終わったことになります。なるべく遅延利率が適用されることがないよう、返済はしっかりとこなしていきましょう。

まとめ

銀行でも消費者金融でも低金利で借り入れをするためには、金融機関との信頼関係が必要になります。最初から低金利で借り入れができることは少なく、低金利で借りるためには長い間利用と返済を続けていく必要があります。利用が全くなくても信頼関係を築くことはできません。一般的には銀行のカードローンのほうが最大金利が低くなってしますが、プロミスのような消費者金融でも信頼関係があれば、銀行系カードローンに負けないくらい低金利になることもあります。

ただし総量規制の対象業者のため、高い限度額を設定してもらうためには年収も高い必要があります。ビジネスローンの場合は総量規制の対象外なので、個人事業主は収入の3分の1以上の借り入れをすることもできます。たくさんの会社で借り入れをしていると限度額が上げづらく、金利も下がりにくくなってしまうため、できるだけ利便性の高い会社を1つ選び、長い付き合いをしていくのが低金利で借りるためのこつです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金