キャッシングやカードローンの資金使途

キャッシングやカードローンの資金使途

キャッシングやカードローンの資金使途とは

資金使途とは簡単に言ってしまえば借りたお金の使い道のことを指します。キャッシングやカードローンの多くが使用時の用途を限定していないため、自動車ローンや住宅ローンなどと違い好きなことにお金が使えるようになっています。しかし本当に何にでもお金を使っていいわけではなく、利用規約に違反するような使い道はしていけないと定められてもいるため、キャッシングやカードローンの貸し出し審査の中には資金使途も含まれていることを覚えておくといいでしょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

キャッシングやカードローンの一番の魅力は自由に使いやすいお金を好きなタイミングで借りやすいということですが、万が一資金使途のチェックに引っかかってしまった場合には融資そのものを断られてしまう場合があります。極端な例になりますが、犯罪を犯すための準備資金が欲しいためATMやインターネットからキャッシングを行おうとしても、応じてくれる企業が存在しないのでお金の貸し借りそのものが行われないのです。

審査に通りやすい資金使途の例

では審査に通りやすい資金使途として具体的にどのような例が挙げられるのかというと、旅行やレジャーなどの遊興費で申請した場合はどの消費者金融業者やカードローン事業者でもスムーズに通ると言われています。貸し出しを希望している方の年収から考えて、余程高額でない限り高確率で即日融資が叶うものとイメージしておいて構わないでしょう。国内旅行中や海外旅行中にお金が尽きてしまったので、追加で旅費が欲しいといった資金使途も通りやすくなっています。一時的にお金が無くなってしまっただけで生活費に困窮しているわけではないと捉えられるので、返済がスムーズに行われやすいだろうと貸し出し元が判断するケースが多いからです。

借り入れ希望の金額が10万円以下なら、生活資金の補充を目的とした融資も意外なほどスムーズに通ります。ただし借り入れ希望者やその家族が定職に就いていない場合は、審査に時間がかかるケースや希望額が満額支給されないケースもあります。

事業性資金に注意

逆に満額での審査に通りにくい、または審査結果で融資を断られやすいのが事業性資金の借り入れです。キャッシングやカードローンなどフリーローンの大半がプライベートで使うためのお金を貸し出すという金融商品なので、お店の開店資金が欲しい、個人事業主として商売を始めるための準備金が欲しいなどといった事業に関するお金の貸し出しに応じてくれないところが多くなっているからです。

仮に旅行資金やレジャーのためのお金だと嘘をついて事業性資金の借り入れを行い、そのお金を商売のための資金に回してしまった際には詐欺に当たりますので極めて注意が必要になると言えるでしょう。大きな違約金を取られたり金融事故扱いにされてしまう恐れもあることを記憶しておいてください。キャッシングやカードローンは登録もお金を借りることも簡単ではあるものの、金融機関から信用でお金を借りる借金であることには変わりありませんので、利用規約の厳守が望ましくなっています。

目的別ローンとキャッシングやカードローンとの違い

自分でお店を開くための融資を受けたい、個人事業主として働く上で足りないお金を補充したいと希望しているようなら、キャッシングやカードローンではなく目的別ローンからお金を借りることを計画すべきだと言えます。目的別ローンならビジネスフリーローンという形で、事業資金という形で使えるお金も借りることが可能となっているからです。目的別ローンとキャッシングやカードローンの違いは資金使途が特定の目的に限定されているかいないかに差があるということです。目的別ローンで借りたお金は借り入れ申請時に申告した目的以外で利用できないのに対して、キャッシングやカードローンは違うことにも使えるようになっています。

例えば旅行に行く目的でキャッシングやカードローンから10万円を借りたとして、旅行が中止になってしまったのでブランド品を買うお金に充てたという場合でも返済さえ行えば許されます。一方で目的別ローンの場合は使用用途をしっかり守ったほうがいいので記憶しておいてください。

まとめ

キャッシングやカードローンは借りたお金をしっかり返済することさえ守れば、資金使途を多少守らなかったとしても咎められることはほぼありません。元々使い道が非常に広い金融商品となっていますので、利用規約を破るような真似をしなければ自由にお金を使いやすいという特徴があるからです。事業資金の融資を希望しているなら銀行の融資窓口か目的別ローンを使う、プライベートで使うお金を借りるならキャッシングやカードローンを使用するなど資金使途によって借入先やローンの種類を変えるというのが最も賢くトラブルが生じにくいお金の借り方であるとも言えます。

嘘をついてお金を借りるというのが一番良くないので、金融トラブルが起こりにくい生活を送るよう心掛けておくことが大切になっています。また目的別ローンであってもキャッシングやカードローンなどのフリーローンであっても、借りたお金には年利設定による利子が上乗せされるので、早めの返済を実施するといいでしょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金