銀行カードローンの借り換え

銀行カードローンの借り換え

銀行カードローンでの借り換えの特徴

借り換えは他社から借入したお金で、それまでのローンを完済します。金利が下がることや月々の返済額を減らす効果を期待して行われます。特に消費者金融の金利よりも銀行カードローンの金利の方が3%から4%程度低いため、借り換えする利点も大きいです。また、単一の借入を銀行カードローンに変更する場合と、おまとめと言われる複数社の借入を一本化する方法があります。ただし、どちらにしても銀行カードローンの借り換えの審査は特に厳格に行われる特徴があります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

なぜなら、審査を実施する際に、すでにお金を借りているという前提で審査されるため初めて銀行カードローンを利用するよりも条件が厳しくなるからです。複数社から借入している場合には、さらに難しくなります。より条件が厳しくなれば、当然ながら高い返済能力を求められるようになるのです。年収の3分の1以上の借入ができないという総量規制の対象外として重宝されていましたが、これも現在は自粛傾向となっています。メリットも大きい分、審査が厳格なことが特徴です。

銀行カードローンでの借り換えのメリット

銀行カードローンに借り換えを行う最大のメリットは多くのケースで金利が下がるということです。特に複数の借入金を一本化するメリットは大きく、100万円を超えるようであれば金利は15%以下になります。これは利息制限法によって100万円以上は15%に上限金利が定めているため確実性があります。ただ、あくまで上限金利の数値であって銀行カードローンは金額に関わらず最初から14%台であることも珍しくありません。そのため実際には、さらに低い金利での借入が期待できるのです。

月々の返済回数も複数回から1回になり返済日を管理する煩わしさからも解放されます。返済額が少ないものを選択すれば、毎月の負担を減らすこともできるのです。提供先ATMはもちろん、全国の提携先のATMでも手数料が無料になるサービスもありますので、最適な銀行カードローンを選べば余計なコストをかけずに済みます。また、消費者金融からの借り換えの場合には総量規制の枠が空くといったメリットもあります。

銀行カードローンでの借り換えのデメリット

銀行カードローンの借り換えは利用者にとって条件が良いサービスですが、デメリットも存在します。おまとめとして利用する場合には特に注意が必要です。最低返済額が引き下げられることで、完済までの期間が長期化してしまい、最終的な利息が借り換え前よりも高くなってしまうことがあります。いくら金利が下がっても返済回数が増加すれば、利息を多く払うことになりかねないのです。ただし、これはきちんとした返済計画を計算すれば回避することが可能な問題です。可能な限りの返済を心がけて、元金を減らすように努めれば銀行カードローンの借り換えの恩恵は変わりません。金利や月々の返済額が下がっても元金が減ったわけでないことを意識することが重要です。

その他のデメリットと言えば、審査が厳格なことが挙げられます。新規借入の場合は違って他社の借入が前提となっていますので、その分だけ審査の目も厳しくなるのです。そもそもの借り換えを可能にするために、できる限りの借入残高を減らしたり、勤続1年以上を経過してから申し込んだり、通りやすい提供先を選定したりといったことに配慮する必要があります。

銀行カードローンでの借り換えの評判

銀行カードローンの借り換えには1社の消費者金融を利用していた方や、すでに利用しているカードローンの提携先が少ないと言った理由で利便性に不満を覚えていた方にとっては評判が良いです。毎月の支払い負担の軽減や金利の低下も期待できることから銀行カードローンの評価は高くなっています。しかし、これはあくまで審査に通った人の意見ですので、通らなかった人はその恩恵を受けることができません。既存の借入金額が多い方や、総量規制の限度額に近い場合には通過することは難しく、実際に審査に落ちてしまったという人も少なくないのです。

低い金利でお金を貸すということは、返済が滞った場合にそれなりのリスクを負うことになります。結果的に返済が可能な人物なのか、より厳格な審査が実施されるのは仕方のないことだと言えるでしょう。銀行カードローンの借り換えの審査に通りやすくするには、できるだけ既存の借入金額を削減しておく必要があります。

まとめ

銀行カードローンの借り換えには様々なメリットがあります。金利や毎月の最低返済額が下がることが期待できたり、返済計画を立てやすくなったりと言ったことです。しかし、そのメリットを享受するためには厳しい審査に通る必要があります。審査が厳格なことは、それだけ利用者にとってもメリットが大きいとも言えますので、条件に見合う人であれば検討する価値は十分にあります。

ただし、審査に通った後も条件が良くなったからと言って気を緩めることは危険です。返済が長期に及べば利息を支払う回数も増えて、せっかくの銀行カードローンの借り換えによる利点を帳消しにしてしまうからです。そうならないためには、予め完済までの流れをシミュレーションしておくことが得策だと言えます。完済までにいくらの利息が必要なのかを借り換え前に計算しておき、サービス利用時には計画に沿った返済を心がけることが大切です。上手に活用することができれば非常に頼もしい味方となります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金