アイフルの金利の特徴や金利決定方法

アイフルの金利の特徴や金利決定方法

アイフルの金利の特徴

アイフルのキャッシングは4.5%~18.0%の実質年率が設定されています。4倍の金利幅が設定されていますが、これは借入額や信用力によって変わるためです。一般的に初めてローンを利用するときは、最高金利が適用されると考えてよいでしょう。18.0%の金利になると考えておけば、それ未満の金利で借入できればラッキーです。最高金利でシミュレーションをしておけば、余裕を持った返済計画を立てることができます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

遅延損害金は20.0%と若干高くなっており、延滞した場合は通常金利に加算されます。延滞するほど返済総額を増やしてしまうので、期日より早めの返済を意識してください。計画的にアイフルを利用するためには、借入総額を減らすことに着目する必要があります。借入残高が増えるほど低金利が適用されるのが普通ですが、金利を下げるために高額融資を受けるのは得策ではありません。無理なく返済するためには、利息をいかに減らすかがポイントとなります。

アイフルの金利決定方法

アイフルの金利は自分で決定することはできません。アイフル側が申込者の信用力を判断し、それに応じた利率が設定されます。貸付利率は4.5%~18.0%ですが、最初は上限利率になると考えてよいです。一桁の金利で借りるためには、相当な高額の借入が必要になってきます。初回に借入できる金額は50万円以内になることが多いので、金利もそれほど低くはなりません。利息制限法では10万円~100万円未満までは18.0%の利率が認められています。

確実に言えることは100万円以上を借りれば、15.0%以下の利率が設定されることです。99万円だと18.0%が上限ですが、100万円になると15.0%が上限となります。そのため必要額が99万円などの中途半端な金額になる場合は、100万円で借りたほうが利率を抑えることができます。金利決定方法は利息制限法の範囲内にて、アイフルが決めるものです。利用者は希望金利を伝えることはできますが、最終的な決定権はアイフルにあります。

アイフルの金利を下げる方法

契約時に決定した金利は簡単には下げることができません。例えば18.0%で契約をして、1ヶ月後に金利が高いから10.0%にしてほしいと頼んでも、下げてくれる可能性は低いです。金利は借入総額である程度決まる仕組みであり、高額融資を受けるほど低金利になります。借入が50万円より100万円、さらに200万円のほうが金利は下がると考えてよいでしょう。最低利率の4.5%で借りるためには、契約限度額の500万円まで借りないと難しいです。

金利を下げてほしい場合は、ある程度信用力を積み重ねる必要があります。半年、1年と延滞することなく利用していれば、金利交渉に応じてくれる可能性があります。ただし交渉は100%成立するわけでなく、不可となる場合も少なくありません。確実に金利が低くなる状況としては、借入総額が100万円に達した場合があります。100万円以上の借入では利息制限法で15.0%以下の金利にするように決められているため、18.0%になることはないわけです。

アイフルの金利・利息の計算方法

金利は利息に反映されてくるため、利息を抑えるには低金利ローンほど有利になります。利息を決める要素には借入総額・返済期間もあり、理想は少額借入をして短期完済をすることです。早く返すほど利息は少なくなるので、返済期間を先延ばしする方法は得策ではありません。例えば1年間で完済が可能であれば、2年間にする必要はないわけです。毎月の返済額を少なくしたほうが家計には優しいですが、トータルして考えると利息で損をします。

アイフルの利息は日数で発生する仕組みなので、1週間の借入をすれば7日分の利息がつきます。利息を抑えるためには短期返済をする必要があるので、それができる借入額を決定してください。借入総額と返済期間が利息に影響する度合いは金利以上なので、借入する前にしっかりと返済シミュレーションをしておくことが大切です。増額返済・一括返済もできるので、余裕のあるときは多めに返済しておくことが利息を減らすコツです。少しでもお得に借りるために、返済にはこだわりましょう。

まとめ

アイフルの金利は4.5%~18.0%で、大手消費者金融として一般的な利率です。これを超える金利になることはないので、初めて借りる方は18.0%の金利を想定して借りるとよいでしょう。初融資では上限金利が適用になることが多いので、一桁の金利になる可能性は低いです。金利決定はアイフルが判断するため、申込者が関与することはできません。利息制限法の範囲内において何%に設定するかアイフルが決めます。

金利を下げるためには金利交渉が効果的ですが、ある程度契約期間を経てから交渉するのが好ましいです。信用力を高めることで交渉に応じてもらえる可能性が高くなります。100万円以上の借入をした場合については、確実に15.0%以下の金利になります。金利は日数で加算されるので、利息は借入日数に応じた計算方法で算出してください。少額融資を受けて早期完済することが利息を抑えるコツです。無理をしない返済ができる借入に抑えるのが利息を減らしてくれるわけです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金