アコムの金利の特徴や金利決定方法

アコムの金利の特徴や金利決定方法

アコムの金利の特徴

アコムの金利の特徴というのはこれと言って他社と違っているところはなく、取り立てて特徴がないのが特徴と言えるでしょう。大手消費者金融に関して言えば競争が激しいだけに、大きな差がつくということもないためアコムも特徴らしき特徴というのはありません。金利の幅としては3%から18%までとなっていて、これも他社と比較をしても大きく変わらないため金利に関して言えば他社と違いはないと考えておくと良いでしょう。逆に言えば消費者金融を選ぶ時に金利の面で細かく比較をする必要はないので、そこまで重視をしなくても良いといえます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

一点だけアコムの特徴と言える部分があるとすれば、実際に利用をしている人の多くが18%の金利で融資を受けているという点にあります。3%の低金利で融資が受けられるのは相当に信用の高い人でなければならず、総量規制の関係もあって最低でも年収が2400万円はなければこの金利で融資を受けることはできません。

アコムの金利決定方法

アコムの金利はどのようにして決まるのかというと、利用限度額に応じて決まります。利用限度額が高ければ高いほど金利は低くなり、逆に利用限度額が低いと金利が高くなってしまいます。ここで注意をしておきたいことは、金利は借りている金額ではなく利用限度額で決まるということです。つまり、それだけの金額を借りるかどうかは別として上限は高ければ高いほど金利面でメリットが大きくなるので、枠が高くなるほど金利は低くなります。

大半の人は99万円までとなるため、金利は7.7%から18%になりはじめての利用の場合にはほぼ確実に18%に設定されます。この金利は常に固定ではなくその後の利用実績に応じて変わっていくものであるため、一度決まってしまうと変わらないと勘違いしないように気をつけなければなりません。そして、18%という数字は99万円までの金利の上限になるので延滞などをしない限りはこれ以上になることはなく、最高でも18%までと覚えておくと良いでしょう。

アコムの金利を下げる方法

金利は低いに越したことはないのでいつまでも、高い金利で利用をしていて破損をしていまいます。そこで、金利を引き下げることができれば引き下げたいところですが、方法としては実際に交渉をしてみるという手があります。利用実績がしっかりしていて返済に滞りがなく優良顧客と認めてもらえば交渉をすることで、金利を引き下げることが不可能ではありません。直接金利の交渉をするのではなく、利用限度額の増額を申し込むという方法もあり、借り入れできる上限金額によって金利が決まる仕組みとなっているだけに、金利の下がるラインまで増額をしてもらうことができれば、必然的に金利も下がることになります。

場合によってはアコムの方から増額の案内が来たり、金利を引き下げてくれると言ってくることがありますから、それを利用する方法もあります。必要ないからと増額を断るとせっかく金利を低くなるチャンスだったものをふいにしてしまうこともあるので、素直に相手の提案に乗ったほうがお得です。

アコムの金利・利息の計算方法

アコムの金利は年利で計算され、一年間にどれだけの利息が発生するのかというものになります。単純に言えば10万円のお金を18%の金利で借りた場合には、18000円の金利が発生するということです。実際には一年後に一括で返済をするわけではありませんから、これはあくまでも概算でしかありませんが仕組みとしてはこのようになっていると考えておけば理解しやすくなります。

実際には利息は日割りで計算をされることになりますから、1年は365日となるので365で割ることで1日の利息を算出することができます。月の利息を知りたいのであれば、1ヶ月は30日で計算をするので1日の利息に30をかけると1ヶ月の利息がでます。10万円をアコムで借りて、1ヶ月で返済をしたとなれば約1480円の利息が発生することになります。金利と利息の計算方法はアコムに限らず融資を受ける時には絶対に覚えておかなければならないことなので、しっかり頭に入れておきましょう。

まとめ

アコムは大手消費者金融だけに利用しやすくお金を借りようと考えた時に、候補として上がりやすい業者です。融資を受けるつもりであればアコムの金利の特徴や金利決定方法をよく理解して、計画的に利用をしなければなりません。金利のことを理解しないままに利用をすると返済計画が破綻してしまうこともありますし、払わなくて済む利息を払ってしまうことになり余計なコストが発生し良いことがありません。仕組みを理解しておけば有効活用をすることができますし、金利の引き下げ交渉をしてみたりより有利に利用をすることができることもあるため、最低限の知識を身に着けておくことは重要なこととなります。

金利・利息の計算方法も数字を扱う仕事でもしていない限り馴染みのないものですから、難しそうに感じてしまう部分もありますが、よくわからないままに融資を受けて後で困ることになるのは本人であるため、後悔をしないためにも仕組みをよく理解しておくようにしましょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金