銀行カードローンの増額(増枠)

銀行カードローンの増額(増枠)

銀行カードローンの増額・増枠の特徴

銀行カードローンには「利用限度額」と呼ばれる、借入の上限額が設定されていることはご存知だと思います。「契約限度額」「借入可能枠」などと呼ばれることもありますが、これは「自由に借り入れを行える金額の範囲」を示したもの。100万円の利用限度額がある人で具体例を挙げれば、30万円の借入を行えば残りの利用限度額は70万円、ここで10万円の返済を行えば利用限度額80万円に増えるなど、枠内であれば柔軟な利用が可能となっています。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

利用額が多いほどよりカードの使い道にも自由度が増すため、増額を考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは利用額の増額・増枠のメリットやデメリット、その申請・審査についての説明をしたいと思います。増額・増枠には基本的にはメリットが多くなっていますが、一方で申請したことで限度額を減らされてしまうといった大きなデメリットを受ける可能性もありますので、その点を十分考慮し申請を行うかの判断は慎重に行ったほうが良いでしょう。

銀行カードローンの増額・増枠のメリット

銀行カードローンの増額・増枠のメリットとしては「利息が低くなる」「返済の手間が増えない」「総量規制対象外で借入が可能」などが挙げられます。多くの銀行カードローンでは、利用限度額に比例して利息が安くなる仕組みを取り入れています。そのため同じ10万円を借りる場合でも、限度額が50万円の人よりも限度額が200万円の人が借りた場合の方が金利は安くなります。

また増額ではなく新たな金融機関から借りる方法では、返済日や手続き等も複数となるため返済に関する負担が増えることになりますが、増額であれば使用する銀行は1社のままですので手続きの煩雑さもほとんどなく、余計な負担を背負うことなく返済を行っていくことができます。さらに、銀行カードローンの場合には総量規制対象外となっているため、消費者金融等の比べて限度額の枠を広げやすいというメリットがあります。この点については現在総量規制の見直しが行われているため将来的にはメリットではなくなる可能性もありますので、ご注意ください。

銀行カードローンの増額・増枠のデメリット

増額・増枠にはメリットだけではなくデメリットとなる部分もあります。増額申請により逆に利用限度額を減らされてしまうことがあるのです。利用限度額の決定は過去においての借入やその返済状況や、その人の年収といった個人情報をもとに行われます。特に重要なのが過去における利用状況であり、この点に問題がある人が増額申請をした場合には申請を却下されるだけでなく、利用額の見直しが行われることもあります。過去6カ月の返済状況が重視されるといわれているため、この期間内に返済が遅れたことがある人などは利用枠を減額される可能性もあるため注意が必要です。

また利用額が大きくなることで、自身の返済能力を超えたローン利用を行う危険性が高まるのもデメリットといえます。散財してしまいやすい人にとっては、こうした利用枠の増額はメリットよりむしろデメリットの方が多くなります。カードローンの利用状況は住宅ローンなど将来の大口融資の審査の際にも少なからず影響を与えますので、計画的な返済に自信のない方は安易に増額するのは避けたほうがよいでしょう。

銀行カードローンの増額・増枠の申込方法

増額・増枠の申請方法は大きく分けて「自ら申請を行う」「銀行側から提案される」場合があります。自ら行う申込みはカードローン契約直後から可能ですが、まず却下されますので少なくとも半年、できれば1年ほど間を空けてから行うことが大切です。申込みは銀行公式サイトの会員ページに増額用項目が用意されているのが一般的です。各銀行ごとに細かい点は異なるため、不明な点に関しては直接銀行に電話などして確認すると確実です。

申請後には主に「過去の利用状況」「保証会社の審査」「本人在籍確認」が行われます。この辺りはカードローンの初回審査と同じです。審査では過去における返済の滞りや、他社からの借り入れ状況等が考慮されるため、こうした点に問題があると自覚している場合には、安易に増額申請を行わないほうが良いでしょ。デメリットで挙げたように、利用額を減額される可能性があります。また優良利用者は銀行側から増額提案をされることもあります。確実に審査に通るというわけではありませんが、増額される可能性は高いため、これが利用できるのであれば自ら申請するよりこちらから申請を行った方が良いでしょう。

まとめ

銀行カードローン増額・増枠のメリット・デメリット、申し込み方法等をご紹介させていただきました。利息を安くできる、新規借り入れに比べ返済の手間が少ない、総量規制の対象外である、など金銭面や精神的負担などの面でメリットがある反面、申請することで利用額を減額されてしまう可能性があるといったデメリットもあることがわかっていただけたと思います。こうしたデメリットに関しては、他社銀行を利用することで回避することも可能です。

信用情報は銀行間で共有されていますので、過去の利用状況が良くない方の場合には増額審査と同じく新規借入れ審査も却下される可能性があります。ですが別の銀行を利用しているので増額申請とは異なり、既に受けている利用限度額が減額されることはありません。また短期的な利用であれば、他社銀行の方が利息的に有利に借り入れを行える場合もありますので、こうした方法も検討しながらカードローンを便利に活用していきましょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金