消費者金融の審査

消費者金融の審査

消費者金融の審査の特徴

消費者金融の審査は、法律的な観点からも銀行の審査基準とは異なる特徴があります。普通、銀行から融資を受ける際には審査基準を厳格にして本当に返済能力が存在するのかどうかを見極めることが求められます。そのため、提出書類が多くなったり勤続年数が重視されたりと、安定した収入が必要になります。一方で、消費者金融の審査の特徴はこうした厳格な審査をほとんど行わず、簡易的な審査のみでお金を借りることができる点にあります。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

このような返済能力を求めるのは、銀行の融資の金額がほかの金融機関と比較して大きくなる傾向があるからです。住宅ローンなどを利用すれば数百万円から数千万円の融資も可能になりますので、こうしたお金を返済してもらうために厳しい基準をクリアしなくてはいけません。反対に、消費者金融の融資はキャッシングという小さなお金の融資に限定されています。それほど厳しくしなくても消費者金融側に不利はないので審査が比較的簡単だというメリットがあるのです。

消費者金融の審査基準

消費者金融の審査基準は、融資の申請にやってきた本人の定期的な収入の有無と他社への借り入れが存在するかどうかです。主にこの二つをクリアすれば融資を受けることが可能です。定期的な収入に関しては、アルバイトやパートだと週に5日程度の稼ぎがあればそれで十分です。消費者金融のキャッシングは一回当たりの融資の金額が小さいので、アルバイトやパート程度の収入であっても定期的に働いているのであればきちんと審査に通ります。この収入の確認をするために在籍確認という審査が行われますので、この審査をクリアする必要があります。

また、他者への借り入れに関しては法律上でキャッシングでは融資の限度額が存在するため非常に重要になります。この限度額は総量規制と呼ばれる規制によって決定されており、融資の状況を知るために信用情報という情報で借り入れの状況を確認します。信用情報は申請の際に消費者金融が勝手に調べてくれますので、任せておけば安心です。

消費者金融の審査時間

消費者金融の審査時間は非常に短いです。そもそも、消費者金融の中には即日審査をウリにしてサービスを提供している会社もあるくらいです。申請方法としてはインターネットと無人契約機の二つを利用した方法で行うのが一般的ですが、どちらを利用したとしても審査時間に大きな違いは存在しません。申請をしてから消費者金融で信用情報の確認が行われ、それで問題がないと次に在籍確認が行われます。

唯一、時間がかかる可能性があるのがこの在籍確認です。在籍確認の審査は、消費者の勤務先に対して確認の電話を入れる仕組みになっています。そのため、勤務している会社が休日であるような場合には電話で確認をとることができません。この際には、時間がかかってしまう場合もあります。一方で、営業時間内に在籍確認をきちんとできる場合には確認の電話に1分もかかりません。ですから、消費者金融の審査時間は総合しても10分から20分程度で終わらせることができるのが普通です。

消費者金融の審査通過のコツ

消費者金融の審査を通過したい場合には、法律的な条件をきちんと満たしていることが大切になります。言い換えれば、ここさえ満たしていれば審査を通過することは決して難しくありません。消費者金融の審査基準は、あくまでも貸金業法という法律に規定されている基準に従っています。貸金業法は、消費者が一方的に不利な契約を締結しないようにすることを目的としていたり、消費者が必要以上に大きなお金を借りて多重債務者にならないように様々な規定が設けられています。

そのため、消費者金融の審査では消費者が大きなお金を借りようとしていないか、既に多重債務者ではないのかが重要視されます。特に、多額のお金を借りようとしていないかという部分は非常に重要です。キャッシングは少額融資であるため貸金業法で融資の限度額があり、それ以上の融資を法律的に行うことができないようになっています。ですから、審査をする際にこの点を考慮しておけば問題なく審査に通ることができます。

まとめ

消費者金融のキャッシングは、すぐにお金を借りることができるように工夫をして作られています。ただ、むやみに融資を受けることができる仕組みにしてしまうと、消費者が多重債務者になってしまう可能性があります。そこで、法律によって審査基準を明確にすることで誰でも気軽に申請できるように考えられたわけです。この点は、銀行の融資の考え方とは全く異なります。

消費者金融の審査では、銀行の審査で必要になる勤続年数や収入証明書の提出といった厳格なものは求められませんし、そもそも正社員である必要もありません。銀行は、銀行法という独自の法律的な基準でサービスを存在する金融機関であるため、この点からも消費者金融とは立ち位置が全く異なります。大手の企業に対しても多くのお金を貸しますし、個人の消費者に対する融資は厳格に規定しています。消費者金融は、その名前の通り消費者に対する金融業者であるためお金を借りやすい仕組みになっているのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金