消費者金融と信用情報

消費者金融と信用情報

消費者金融の審査で重要な信用情報とは

消費者金融で借入を行う場合には、審査の過程で必ず信用情報を調べられることになります。信用情報とは、クレジットカードや各ローンなどの信用取引に関する契約内容の状況や返済・支払い状況、利用残高などの記録が記載されたものです。現在の借入状況はもちろん、過去の信用取引についても詳細に記録されています。この情報は消費者金融の審査において、借入を利用する顧客が信用に値するかの参考資料として重要な役割を果たすのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

過去に返済の遅延を起こしたり、複数の消費者金融で借入を使いまわしていたりしたことも偽ることはできません。返済が滞ったり、債務整理などによって信用情報にキズがついたりすると審査に通らないと言った可能性が出てくるのです。消費者金融との契約は信用あってのものですので、過去に事故を起こした人とは契約を避けるのは当然のことだと言えます。そのため、希望額や返済能力に問題がないにも関わらず審査に落ちた場合には、原因として考えられるものになります。

消費者金融と信用情報の関係

消費者金融が審査時に信用情報を参照することは前述した通りですが、各情報を記録する関係でもあります。ローンやクレジットカードの申込み時にも契約の有無に関係なく最長6ヶ月間保存されます。契約時や返済時には最長5年間の保存期間です。限度額や支払い回数、返済日や完済日などの詳細が記録されていきます。信用情報機関が定める「3ヶ月以上にわたって返済が滞った場合」には延滞発生として記録されることもあります。規定ではないため消費者金融によって登録する期間もまちまちです。

また、保存期間も延滞解消から最長1年間の機関もあれば、最長5年間と定める機関もあります。ただし、信用情報は共有する仕組みがありますので最長5年間と考えておいた方が良いでしょう。他にも強制解約時や任意整理、自己破産・個人再生と言ったものも保存されているのです。自己破産・個人再生と言ったものだと10年間残ることもあります。消費者金融はお互いに取引のリスクを避けるために参照と記録の関係を保っているのです。

消費者金融が加盟する信用情報機関

日本には3つの信用情報機関が存在しています。クレジットインフォメーションセンター(CIC)・日本信用情報機構(JICC)・全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。CICは銀行や消費者金融、クレジットカード会社のほとんどが加盟する日本最大の信用情報機関です。JICCは主に消費者金融系の企業が登録しています。KSCは全国銀行協会が管理運営しています。加盟が認可されているのは預金業務を行う銀行や信用金庫などの銀行系の金融機関です。銀行業務を行わない消費者金融は加盟することができません。

そのため消費者金融が加盟する信用情報機関はCICとJICCの2つということになります。それぞれによって記録されている情報が異なる場合もありますが、データ共有が行われています。特にCICとJICCは相互交流が密に実施されているため、過去の消費者金融やクレジットカードの利用履歴などの情報は筒抜けの状態だと言っても過言ではないのです。

信用情報の開示手続き

信用情報は各金融機関によっても記録をつける基準が異なる場合があります。そもそも借入記録や延滞について自分で詳細に認識しておくことは難しく、数年前となるとさらに記憶は曖昧になります。審査で調査されるともなれば、事前に確認しておくことも大切です。なぜなら、限度額の検討材料として消費者金融が審査する前に多少は自分で判断できるからです。信用情報を書き換えることはできませんが、一度確認しておくと借入後の返済計画の参考にもなります。

CICとJICCの本人による開示手続きにはインターネット・郵送・窓口で開示する方法があります。一番簡単な方法はどちらもスマートフォンを使用すると早くて便利です。CICは毎日8時から21時45分までの受付、JICCは24時間受付可能でどちらも手数料1,000円が必要です。CICではクレジット会社等に届け出ている電話番号、JICCは本人確認書類を用意してアプリをダウンロードして指示に従うことで開示手続きが行えます。ただ、窓口が近くにあるのなら手数料が500円なので最もお得です。また、KSCについては手数料1,000円と登録情報開示申込書、本人確認資料を合わせた郵送のみです。

まとめ

消費者金融のローンに通らないという悩みを抱える人は、一度自分の信用情報の開示手続きをとって確認をとってみると良いでしょう。お金を借りる際の審査には必ず信用情報が調べられます。以前に金銭に関する問題を起こしたことがないと自分では判断していても、見落としていることもあるのです。例えばスマートフォンの利用料金の延滞などです。最近は2年縛りなどで本体の代金を割賦払いすることもありますが、これも立派なローン契約になります。うっかり忘れていたという理由でも信用情報にキズがつくこともあるのです。

また、同姓同名で同じ誕生日を理由に、人為的ミスによって何の落ち度もない人に事故情報が付けられているケースもあります。消費者金融の借入や借り換えを検討している人は審査前に間違いがないか確認しておくことが賢明です。情報開示を行う場合は消費者金融が加入するJICCとCICだけでなく、全国の銀行系が加入するJBAも開示を求める必要があります。3機関は情報が共有されていますが、各機関に載っていない記録が記載されている可能性があるからです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金