プロミスの借入の特徴や借入方法

プロミスの借入の特徴や借入方法

プロミスの借入の特徴

日本には複数の消費者金融の会社がありますが、その中でも有名なところの一つがプロミスになります。プロミスでお金を借りる場合にはいくつかの方法がありますが、直接店舗に赴いて対面で申し込みする方法が一般的になります。ただ、インターネットが発達した現在においては、インターネットからの申し込みも可能になっているのが特徴です。特に女性の場合は、店舗に赴いて男性のスタッフと話すよりもインターネットから申し込み、人知れず借り入れを行なおうと考えている人が多いです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

また、コンビニや提携しているATMを利用することで借り入れをすることもできます。これにより、24時間どこでも借り入れすることができるのがポイントになるでしょう。コンビニだと人目が気になる場合には、銀行に行きATMを利用すればそれほど目立ちません。例えば三菱東京UFJ銀行やセブン銀行など提携しているところがありますので、近くにある場合には直接銀行に訪れてみましょう。

プロミスの借入方法

プロミスの借り入れ方法としては、振り込みを行う場合会員サイトにログインします。会員サイトの場合には、最初に登録しておかなければいけませんが、登録した後はそのままログインしてキャッシングメニューの中から「瞬フリ」を選べば申し込みが終了になります。そこでは希望する金額を入力しますので、あらかじめいくら申し込みをするかを考えておきましょう。申し込みをしたとしても、必ず審査に通るわけではありませんが、総量規制の範囲内ならば審査に通る可能性が高くなります。年収のおよそ3分の1未満の借り入れならば、問題なく借り入れることができると考えてよいでしょう。

借り入れ行う場合には、時間を気にしておく必要がありますがコンビニの場合は24時間いつでも可能になります。銀行の場合は当日振り込みを行うならば平日の10:50までに依頼することが必要です。その時間を過ぎてしまうと、当日振り込みを行うことができなくなり、翌日に振り込みをすることになるでしょう。

プロミスの借入のメリット

プロミスで借り入れするときのメリットの一つは、なんといっても有名な会社ですので安心して利用することができる点です。少なくともテレビコマーシャルをやっているほどの規模を持っている会社であることは多くの人が認識していることですが、裏を返せばそれだけ資産があり信頼できることを意味しています。

もう一つのメリットは、年齢制限が69歳以下と高く設定されていることです。キャッシングやカードローンを利用する場合には必ず年齢制限がありますが、65歳未満に設定している金融機関が多い中で65歳から69歳の人は非常にありがたいです。借り入れをする前には、職業や年収などの制限は一切ありませんので、正社員でなければ借り入れできないわけではなくアルバイトやパートそして主婦でも利用することが可能になります。専業主婦でも利用が可能になりますが、この場合には配偶者の収入が基準になりますので、その点を考慮して申し込みをするべきです。

プロミスの借入のデメリット

プロミスで借り入れをするときのデメリットは、おまとめローンを利用する場合にはほかの金融機関に比べると金利がやや高くなることです。とはいえ、おまとめローンが利用できないわけではありませんので、わずかな金利の違いを気にしないならばあるいはすぐに返済するならばほとんど問題ないといえます。次に、総量規制の対象内にあることもデメリットの一つと言えるかもしれません。ただ、消費者金融に関しては一律に総量規制の対象になりますので、ほかの消費者金融との違いがあるわけではないことをしておきましょう。しかも最近は銀行でも総量規制を自主的に適用しているところもありますので、昔のような大きな違いはなくなってきているといえます。

最後は、金利が高いことが問題点の一つです。これは銀行のカードローンと比較した場合になりますが、プロミスの場合は上限が17.8パーセントに設定されています。単独でこの数字だけをみるとわかりませんが、銀行の金利を見てみると上限が15パーセント程度ですので、若干高い程度です。

まとめ

消費者金融のプロミスでお金を借りる場合には、窓口だけでなくATMやインターネットを利用して借り入れすることが可能です。ATMは、コンビニのATMを利用することもできますので、24時間対応できるのがポイントでしょう。また、提携している銀行に行けば同じくATMを利用して申し込みをすることが可能になります。プロミスの借り入れのメリットは、年齢制限の幅が広いことです。特に65歳以上で借り入れしたいと考えている人は、ほかの金融機関では断られてもプロミスならば融資してもらえる可能性があるでしょう。

職業に制限がないてもメリットの一つと言え、正社員だけでなくパートやアルバイトそして専業主婦まで契約をすることができます。知っておきたいデメリットの一つは、おまとめローンを利用する場合には若干金利が高くなることです。ただ、ほかの金融機関に比べても金利にそれほど大きな違いがないことと、多少の違いがあったとしてもすぐに返済してしまえばそれほど問題はありません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金