銀行カードローンの住宅ローンへの影響

銀行カードローンの住宅ローンへの影響

銀行カードローンの利用と住宅ローンへの影響

何らかの理由で資金が必要なときに便利なのが銀行カードローンですが、利用をしているときに住宅ローンを申請すると審査に影響が出ることがあります。というのも、クレジットカードやローンというように返済能力を信用をして融資を行なう信用取引は、個人信用情報に記録されます。そして住宅ローンの審査では、その個人信用情報を参考にしています。たとえ申し込みのときにカードローンを利用しているということを銀行に伝えてなくても、隠し通すことはできないのです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

もしも、カードローンのほうで多額の借り入れをしていたり、過去に滞納をしたことがあるときには住宅ローンの返済が難しいだろうと判断されてもおかしくはありません。そうなれば当然のことながら審査に落ちてしまうことになります。これはどの金融機関で住宅ローンを借りようとしても同じことです。むしろ、一度住宅ローンの審査に落ちたのに、すぐ別の住宅ローンに申し込むと審査に落ちたという記録が加わっていますから、さらに落ちやすくなります。

銀行カードローンを利用していて住宅ローンの審査を通すには

銀行カードローンを利用していることが、住宅ローンの審査にとって良くない影響を与えることはあります。しかし、銀行カードローンを利用すること自体が悪いわけではありません。問題は、その利用の仕方が返済能力に疑いを持つようなものであることです。住宅ローンを借りようと思うのであれば、やってはいけないことはいくつかあります。多額の借り入れがあるのに住宅ローンを借りることは、返済の負担を重くして貸し倒れのリスクを高めるだけなので融資をしてもらうことは難しくなります。

銀行カードローンの方で滞納をしてしまったら、やはり返済ができると信用することはできないでしょう。滞納については申込時だけでなく、すでに返済を終えた融資についても記録が残っているので同様の結果になります。それから盲点になりやすいのは契約しているけれども、利用をせずに放置している場合です。借り入れがないならば大丈夫そうですが、与信枠という融資の限度額があることが問題です。いつでも借りる状態で与信枠が大きいと、いつ借金が大きく膨らむかわかりません。ということで、多額の借り入れ、滞納、契約したままにする、をしないことが審査を通すために必要です。

銀行カードローンと住宅ローンの借金を合算することは可能か

銀行カードローンと住宅ローンはどちらも銀行に借り入れをしている状態ですが、そのままでは金利も違うし返済を別々にすることになるのでいろいろと不便な点もあります。そこでふたつを合算することにできればよいのですが、そのようなことを頼み込んでも受理されることはありません。というのも住宅ローンは、住宅の購入や改築などに利用することが前提となっている目的ローンです。

遊興費や生活費などにお金をつかうことが出来ない代わりに、金利が低く設定されています。だからこそ、融資の申し込みをするときには不動産の売買契約書など必要となる書類があるのです。そこに目的を定めない銀行カードローンの借り入れを合わせることは、性質上出来ません。どうしてもすべての借金を合わせたいときには、おまとめローンを利用するしかありません。ただし、返済を一つにできる代わりに住宅ローンほど低金利にはならないので、返済負担が増すことを覚悟してやることになります。

銀行カードローンを利用していて住宅ローンの審査に落ちた場合はどうすべきか

銀行カードローンの利用が原因で住宅ローンの審査に落ちてしまったときには、どうするべきかというと何よりも時間を置くことです。一度審査に落ちたという記録は個人信用情報に6ヶ月間残ります。ですから、この記録があるときに別の金融機関で住宅ローンを申し込んでも、以前に返済に不安がある判断された客、ということで審査には通りにくくなります。そして記録が消えるまでに、やれることをやっておきます。

審査に落ちる原因としては多額の借り入れや滞納、契約している銀行カードローンの放置などがあります。多額の借り入れについては一刻も早く完済しておきましょう。契約したままのカードがあるならばすぐに解約をします。問題は滞納がある場合ですが、個人信用情報に滞納したという記録が残るのは、その状態が解消されてから5年から10年です。たった一度でも返済が遅れてしまったとしても記録を消す事はできないのでその間は審査に通りにくくなると考えた方が良いでしょう。

まとめ

銀行カードローンは賢く使えば便利なものですが、借金をしているのですから利用方法を一つ間違えば、返済能力を疑われる事態になってしまいます。多額の借金や契約しているカードの放置など一時的に問題がある状態であれば、それを解消することができます。ですが滞納となれば、長く記録が残されることになります。安定した仕事についていても、借金の返済が出来ないと判断されてしまえば、審査に通ることはできません。それはどこの金融機関でも同様のことが審査基準となるので、結果は変わりません。

そうなれば良い土地や家を見つけて自分の家を持とうと決意しても、資金を調達する事ができなくなります。記録が消えるまでには何年もかかりますから、その間に欲しい土地や家が他の客に買われてしまいます。そのようなことにならないためにも、普段から個人信用情報に問題が出そうな銀行カードローンの使い方はしないことを、心がけていかなければいけません。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金