銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査

銀行カードローンの審査の特徴

銀行カードローンの審査はカードローンではありますが、銀行ということもあり消費者金融と比較をすると厳し目なのが特徴となっています。融資を受けるのが極めて難しいというほど厳しくはないにしても、簡単に審査が通るものでもないので安易な気持ちでお金を借りようとすると借りることができなかったということもありえます。また、消費者金融よりも審査の時間が長いという特徴もあり最短でも1日以上はかかってしまうので、今すぐお金が必要という時に不向きです。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

在籍確認がしっかりと行われるというのも銀行カードローンの審査の特徴となっていて、基本的には電話がかかってきます。安定した収入があり特別借金もなく今までに金融事故を起こしたことがない人であれば、問題なく通るケースは多いものの、少しでもマイナスの要素があると落ちてしまう可能性があります。審査の基準がやや厳し目であるということを頭に入れておけば、ほぼ間違いはないでしょう。

銀行カードローンの審査基準

審査基準はいくつもありますが、重要なものとしては年収や年齢、職業に持ち家か借家かまた家族構成はどの様になっているのか、勤続年数に返済実績、現在の借金状況から希望限度額といったものが見られます。年収は誰もがすぐに思いつく基準のひとつですが、これが低すぎるとそれだけで審査に落ちてしまうことがあります。また、年収が多いことよりも安定が重視される傾向があり、波が大きいと不利になります。

勤続年数が長いと安定した収入があるとみなされますし、逆に短いとすぐに辞めてしまうのではとマイナスに評価されます。持ち家があればいざとなればそれを売れば良いので担保になりますから審査に有利となり、家族構成は借金を肩代わりしてくれる人がいるのかを判断する材料となっています。返済実績は特に重要な基準のひとつで、過去に滞納や踏み倒しがないかを確認されることになり、事故を起こしていた場合には融資はかなり難しくなってしまうと言えるでしょう。

銀行カードローンの審査時間

カードローンを利用しようとしているときには、今すぐ借りたい状況が多いだけに審査時間が気になるところですが、銀行の審査はどれぐらいかかるのかと言うと最低でも1日は必要となります。以前までは即日審査を売りにしていてすぐに結果をだしていくれる銀行が多かったのですが、2018年1月から審査基準が厳格化したことによって審査にも時間がかかることになってしまいました。そのため、現状では1日から一週間程度は時間が必要なため事前にお金が必要になることがわかっている時には、早めに申し込みをしておいたほうが良いということになります。

また、審査はあくまでもスムーズに行われた場合ですから、申込み内容に不備があったり確認が取れない状態だと更に時間がかかってしまうこともあるので注意が必要です。銀行の手続き上の問題で遅くなってしまう分にはどうすることもありませんが、本人のミスで時間がかかってしまうと余計な負担になるので審査時間を短くするにはミスのないように申し込むようにしましょう。

銀行カードローン審査通過のコツ

銀行カードローンは審査基準は厳し目ではありますが、いくつかのポイントさえおさえていれば全く融資が受けられないということもありません。年齢が20から69歳の間で安定した収入があり、過去に金融事故を起こしたことがない今現在借金がなく、限度額も少なければなにか特別な問題がない限りは融資は受けられる可能性が高いといえます。

ここで大事なのが、この条件に当てはまっていないからと言って嘘の申告をしてしまうことであり、嘘は必ずバレますから嘘をついてしまえばその時点で否決されてしまうと考えるようにしましょう。また、嘘ではなく単純に申し込みの際にミスで間違った情報を申請しても落ちてしまう可能性は高いので、審査通過のコツとしては正直に正確な情報で申込みをするということがポイントです。そして、限度額も少ないほうが審査には有利に働くわけですから、必要以上の金額を借りようとはしないで必要な分だけ申し込むことで審査を通りやすくなります。

まとめ

銀行カードローンを利用する時には必ず審査があり、審査の内容というのは一般人にはよくわからない部分も少なくありません。難しそうではありますが審査の内容というのは至ってシンプルなものであり、わかりやすいものとなっています。基本さえおさえておけば特に難しいことはないので、利用の前には軽く頭に入れておくようにしましょう。大事なことは審査の内容や基準ではなく、何をしたら不利になってしまい融資が受けられなくなってしまうのかを理解しておくことです。

審査の基準がわかったとしても年収が足りていなかったり、過去に事故を起こしていた場合にはどうすることもできません。しかし、嘘をつかないといったことや不備がないように申込みをする、限度額を少な目で申告するということは申込みの際に注意をすることができるのでしてはいけないことを理解しておくことは無駄ではありません。簡単な仕組みを理解しておくだけでも、審査は通りやすくなるので融資が受けられるかどうか金利がやすいかどうかという部分だけでなく、審査の部分も注目をしておきましょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金