銀行カードローンの借入

銀行カードローンの借入

銀行カードローンの借入

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて低金利での借入が可能な特徴があります。お金が必要なときに銀行カードローンを選ぶ理由のひとつです。各銀行が定める金利には、下限金利だけなく上限金利も低い水準となっているため、返済時に必要な利息を抑えることができます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

また、消費者金融系では多くても500万円程度の借入限度額になっていますが、銀行カードローンの場合は800万円やなかには1,000万円を超えるものまであり、大口融資にも対応しています。低金利で限度額の幅も広いという大きな特徴があるものの、借りる側にとって良いことばかりではなく、厳格な審査が行われます。最低限の返済能力があれば借入できるというよりも、比較的生活に余裕があって融資に値する人物であるかどうかをしっかり審査されるのです。ただし、消費者金融では本人に収入がない場合はお金を借りることができませんが、銀行カードローンでは配偶者に収入があるケースだと融資が可能である場合もあります。

銀行カードローンの借入方法

大手銀行カードローンであれば、ほとんどがネット上から申し込むことが可能です。一部のネットバンクではインターネット限定ものもあります。専用の申込フォームへ必要事項を入力し、契約意志の確認後に審査に入ります。ただ、この審査が従来の形式とは異なり厳格になっていますので注意が必要です。2017年は申し込みが済んだ後は銀行の審査に入っていましたが、2018年以降はその間に警察のデータベースへの照会が行われます。そのため、回答に時間が必要になり即日融資はできなくなりました。

ネット以外でも自動契約機で申し込むこともできますが、ここで発行されたカードも翌営業日以降、審査に通ってからしか使用することができません。また、在籍確認もしっかり行われます。審査後は結果がメールまたは電話で報告されますので、問題がなければ契約に同意します。実際の借入方法は基本的にはコンビニや銀行のATMから利用可能です。大手銀行では、ネットを介した口座への振り込みや自動貸越などの方法もあります。

銀行カードローンの借入のメリット

銀行カードローンの最大のメリットと言えば金利の低さです。借入の場合は基本的に限度額が多いほど金利を低く抑えることができますが、少なくても上限金利が14%から15%程度と消費者金融からの借入に比べて3%から4%も低いのです。支払い時の利息に直接影響してきますので、一番実感できるメリットとも言えます。その恩恵は借入額が大口融資ともなると顕著です。

例えば消費者金融では限度額200万円でも金利は15%程度ですが、銀行カードローンの場合は10%以下になる可能性もあります。限度額はあくまで上限であって、1万円でも設定された金利が適用されます。計画的に借りるのであれば、限度額は高いに越したことはないのです。また、自動融資も特有の機能で便利だと言えます。公共料金やクレジットカードの引き落としの際に不足分が発生した場合に自動的に融資が行われるのです。支払いを忘れて生活の基盤が崩れる心配もなくなり安心できます。

銀行カードローンの借入のデメリット

利用者にとっては審査の厳しさがネックとなる場合が多く、銀行カードローンの最大のデメリットだと言えるでしょう。これは銀行の過剰融資が問題となった背景も影響し、自主規制する形で審査が厳格化して行ったのです。同時に審査にかかる時間も長くなり、2018年1月からはすべての銀行で即日融資をすることが難しくなっています。これは反社会的勢力に対する融資防止策が理由ですが、審査までに警察庁のデータベースから調査しなければいけなくなったため、時間がかかるようになったのが主な要因です。すぐにお金を借りたいという人にとっては大きな問題となります。

また、実際に銀行カードローンを利用した場合は他の住宅ローンなどに影響する可能性があります。金融機関では共通して利用情報を管理しているため、申告しなくても利用状況は筒抜けです。多少のマイナスの印象を与える可能性があるのです。気軽に現金を借りられるからと、無理な借入をしないように注意する必要があります。

まとめ

銀行カードローンは低金利で借りて返済負担を軽減したい人にとっては最適な選択肢だと言えます。他の住宅ローンに影響を与えることもありますが、同一銀行であればカードローンを下げてくれるケースもあるため検討材料のひとつとなるでしょう。しかし、警察庁へのデータベースの照会の手間が増えたため、実質即日融資が不可能になりました。入用ですぐにでも借入したい人だと銀行カードローンは不向きです。

また、即日融資だけでなく審査内容もより厳しくなった傾向が見られますので、通りやすくするためには借入限度額の設定の見極めも重要です。在籍確認の電話もきちんと行われますので、職場に持ち込みたくない人も難しくなります。長い目で見れば借入するには非常にお得な銀行カードローン。いざという時に審査に躓いて融資してもらえないという状況を作らないためにも、ある程度時間に余裕があるときに審査申し込みを済ませておくことが得策だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金