カードローンの自動融資とは

カードローンの自動融資とは

カードローンの自動融資の特徴

カードローンの自動融資とは、預金残高が足りない場合にカードローン利用限度額の範囲内において当該不足分だけを自動で借入・入金が行われるサービスのこと。銀行カードローン特有の機能で、消費者金融のカードローンにはこうした機能はありません。というのも自動融資は銀行の普通口座などの利用が前提となる機能であるためです。自動融資の利用方法は銀行毎に異なっており、カードローンを申し込み時に自動で申し込んだ扱いになることもあれば、ローン契約後に自ら手続きを行う必要がある場合もあるので、お使いの銀行のホームページなどから確認してみてください。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

また利用には条件が付されていることもあります。条件は銀行毎に異なるため、こうした点も確認しておきましょう。基本的には、自己名義の普通預金口座を所持していることや、銀行カードローンの契約をしていることが必要な条件となっています。銀行であれば自動融資が必ず行われているというわけではなく、一部対応のない銀行もあるため注意が必要です。

自動融資の任意設定と自動設定

自動融資機能は、大きく「任意設定」「自動設定」にわかれます。「自動設定」では自ら設定の必要なく、融資条件を満たした場合には自動で融資が行われます。一見便利なようですが、本人に使用意思がない場合でも気づかない間に勝手に融資が行われることもあります。身に覚えのない借入や利息が発生してしまうこともあるため、自身の利用する銀行がどちらの設定になっているかはしっかりと確認しておきましょう。

「任意設定」では、自動融資機能を利用するかどうかを自ら設定できるため、資産状況などを考慮し、柔軟にサービスを利用することが可能です。ただし任意設定といっても細かい指定はできない点は注意が必要となっています。たとえば光熱費の支払いには自動融資を利用、それ以外の支払いには利用しない、といった詳細な項目指定はできず、預金残高不足が生じたときの支払い項目に対して自動的に融資が行われます。任意設定ができるとはいえ、過度の期待は禁物です。

自動融資のメリット

自動融資のメリットとしては、家賃や電気代といった支払いを忘れがちな生活費等の引き落とし時に口座預金がない場合でも、自動で融資を受けられるため未納となる心配がないという点です。過去に払い忘れの経験がある人には特におすすめの機能です。自動融資での借り入れは自動で行われるため、面倒な手続きが必要ない点もメリットといえます。一般的な融資であれば、銀行窓口やATMまで出向き申請手続きなどが必要となりますが、こうした手間が必要なく、また近所の知り合いなどに借り入れを行っていることを知られる心配がないという副次的な利点もあります。

さらに自動融資機能をクレジットカードの返済に対して利用することで返済が滞る心配がなくなります。クレジットカードの返済未納は個人の信用情報として記録されるため、一度でも返済が遅れれば信用にキズが付き、以後新たな融資を受ける際に不利な扱いをうける可能性があります。こうした危険を回避できるため、非常に便利な機能といえるでしょう。

自動融資のデメリット

自動融資機能にはメリットだけでなく、デメリットもあります。まず自動融資はあくまで融資であるため、借り入れ額に対してはしっかりと金利が発生するため注意が必要です。元金と利息両方の支払いが必要ですので、自動融資機能が付いているからと安心し預金管理をしっかりしていない場合には利用額が膨らみ思わぬ返済額となることもあります。自動融資を利用する際は、その利用状況を十分把握しておくことが大切です。また自動融資機能はすべての支払い項目に対応しているわけではない点もデメリットといえます。

支払い項目はサービスを提供する銀行によって異なっており、多くの銀行では「カードローン返済」には対応していません。自身が利用する銀行ではどういった項目が支払い対象になっているか、事前に入念な確認をとっておくことが大事となります。自動融資機能があると勘違いしてローン返済を滞らせた場合には、上述の通り信用情報にキズがつくといった取り返しのつかないことにも繋がりかねませんので、注意しましょう。

まとめ

自動融資は預金残高が不足した場合に、自動でその不足を補填してくれる便利なサービスであることをご紹介しました。多くの有名バンクでは自動融資サービスを行っているため、既にカードローンを利用をしている方であれば、一度確認してみるとよいと思います。自動融資には、公共料金等の払い忘れ防止や、新たに利用手続きが必要なく容易に利用できるなどのメリットがある反面、自動で利用してしまうために自身でも気づかない間に借り入れが膨らみ思わぬ返済額になるというデメリットもあります。

自動融資といえど、借入を行っていることに変わりはなくその金利も通常行ったカードローンと同じとなっています。そのため現在の自動融資状況をしっかりと把握することは、当該サービスを有効に活用していくためにはかかせません。自動融資は便利なサービスですが、自身の返済能力を超えた借り入れは基本的には行うべきではありません。あくまで返済が必要な融資であるという点を忘れず、利用した場合でも早めの返済を心がけることが大切です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金