キャッシング・カードローンの繰り上げ返済

キャッシング・カードローンの繰り上げ返済

キャッシング・カードローンの繰り上げ返済とは

繰り上げ返済とは文字通り、返済を前倒しして行うことを言います。キャッシング・カードローンには返済日が決まっていて、最低の返済額も決まっていますがそれはあくまでも最低限のものであり、前倒しをしてあるいは決められた金額以上のお金を返済することに関しては制限されていません。借りたお金には金利が発生するわけですから、返済ができる時にしておくことによって金利の負担を軽減させることができます。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金

言い換えれば返済ができる時に返済をさせてもらうことができないということはありませんから、決められた期日を待つことなく借金は完済することができるのです。一度の全て返済するわけでなくても、普段より多めに返済をするだけで負担は軽減されますから、キャッシング・カードローンの返済を少しでも軽くするのであれば繰り上げ返済を行っていくことが鍵となります。この方法による返済は全て元本に割り当てられるなどメリットがあるケースが多いため、有効活用しましょう。

キャッシング・カードローンの繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットのひとつには元金を減らすことができるので、金利の負担が減るというものがあります。通常、キャッシング・カードローンで借りたお金を返済する時には、元金と金利をあわせた金額を返済することになります。金利は元金に対してかかってくるので、元金が大きいうちは金利の負担も大きくなってしまいます。前倒しして返済をすれば、全てが元金に充当されるので発生する利息を支払わずに済むことになるため、総返済額を減らすことができるのです。

単純に完済までの期間を短くすることができるというのもメリットであり、借金を早めに完済してしまえば金銭的な負担がなくなるだけでなく、気持ち的なゆとりも生まれます。借金は決められた日よりも遅く返済をしてしまうとペナルティはありますが、早く返済をする分にはペナルティはありませんから、余裕があれば積極的に繰り上げ返済をしていったほうが良いでしょう。基本的には、この方法によるデメリットはないと覚えておくと返済がしやすくなります。

キャッシング・カードローンの繰り上げ返済のデメリット

繰り上げ返済には基本的にデメリットはないのですが、余裕が無いのに無理やり返済をして返済計画が上手く行かなくなっても意味がないのでその点は注意が必要です。早く返してしまいたいという気持ちが先走って、お金に余裕がないにもかかわらず繰り上げ返済をしていると結局お金に困ってしまうことになり、再度借金をしてしまったという話は珍しものではありません。早く返してしまうのに越したことはありませんが、あくまでも余裕のある範囲で返済をするということが大事です。

次に前倒しをしても指定された返済日には入金をしなければならない決まりのある業者は多いので、そこも注意して置く必要があります。早く返済をすることばかりに力を入れていて、本来の返済日にお金がないということがないように最低返済額は手元残しておくことが大切です。無理をしなければデメリットはありませんが、無計画にげ返済をしていくとマイナスに働いてしまうこともあるのを覚えておくようにしましょう。

キャッシング・カードローンの繰り上げ返済のやり方

やり方に関しては特別難しいものではなく、普段利用している返済方法とほとんど変わることはありません。ATMから入金して返済をしているのであれば、返済日以外の日に返済の操作をするだけで自動的に繰り上げ返済が行われますし、銀行振込をしているときも同様です。問題となるのは口座振替によって返済をしているという人で、これは決まった日に自動的に引き落としをされる仕組みになっていますから、利用者自らが返済の手続きをするわけではないため繰り上げ返済をすることができません。

そのため、口座振替で返済をしている人はATMを利用したりあるいは銀行振込などで返済をすることになります。業者によっても細かいルールは変わる可能性はありますが、基本的には特別業者に連絡をする必要もなく、入金がされれば返済に割り当てられるようになっているため、普段と同じように返済の手続きをするだけで、返済処理は行われるので覚えておくと良いでしょう。

まとめ

借金を抱えている時は少しでも早く、借金を返済したいと考えるものです。そのような時には繰り上げ返済を行うことにより、返済のスピードをあげることができ完済までの日数を総額を減らすことができます。全てが元金に割り当てられることになるので、金利の負担を大きく減らせられるため少額であったとしても繰り上げ返済をするメリットというのは大きなものとなります。

余裕のない中早く返済をしたいがために無理をするのはよくありませんが、余裕のある時には少しでも多く返済をしておけばそれだけ後が楽になりますから、決められた返済日でなければ返済をしてはいけないと勘違いしないようにしましょう。借金の返済は遅れることは許されませんが、早めることに関しては文句を言われることがないので返済できる時にはどんどん返済をしていくことが負担を軽減させるポイントになります。普通に返済するよりもメリットがあるということを理解して、計画的に返済をしていくことが大事です。

スポンサーリンク

どうしても借りたい借りれるキャッシング

審査通る消費者金融即日融資で今すぐお金